amare

現代の平屋。30代のカップルが選んだのは手頃なサイズのcasa amare!

まだ30代の若い夫婦ながら、「家を建てるなら平屋がいい」と決めていたという安田さん夫婦。なぜ平屋だったのか、そして、なぜcasa amareになったのか、を新築ほやほやでまだ家具も入っていない安田さんの新居にお邪魔して聞かせてもらった。

 

ありがちな「大きすぎる平屋」とは一線を画したシャープな外観

yasuda_01

玄関側に水回りを集めた安田さん宅の外観は、玄関側から見ると窓も少なく黒い壁の面崎が多い。遠目には、住居ではなく納屋のようにも見えかねないが、この外観こそ、「シャープでかっこいい」とご主人の安田修浩さんが、casa amareを選ぶ決め手になった。

そして、もうひとつ、修浩さんがこだわったのが「平屋」というところ。奥さまの淳子さんもそれは同意見だったそうだ。

「実家の母を見ていても、年をとると2階にはほとんど上がらなくなるんです。それを見ているので、すべてが1階で完結する平屋がいいな、と思っていました。年をとれば2階は必要なくなる、だったら先々のことを考えれば平屋のほうが暮らしやすいんじゃないかって。」

この先、子育て期が待っている可能性もある30代の夫婦としては、驚くほど「先を見る目」のある安田さん夫婦は、住宅展示場でも平屋ばかりを見ていたという。

「平屋のモデルルームは、やたらと大きな物ばかりであまり参考になりませんでした。値段もすごく高いんです。」と修浩さんはいう。平屋=敷地が広い=資金が潤沢という図式が出来上がっているのか、展示場で見た平屋は、どれも「お屋敷」のようだった。

「casa amareを紹介されて見たとき、やっとピンとくる家に出会えたと思いました。コンパクトでサイズもちょうどいいし、予算にも合っていたんです。」

 

ほぼ注文はなし! 大満足の提案プラン

yasuda_02

安田さん宅の1階は、玄関側に水回りをすべて集め、片側にリビング、ダイニング、キッチン、寝室を横に長く並べるという、とてもプレーンですっきりしたレイアウトになっている。大きな窓、掃出し窓などは、すべて裏側にあり、階段も部屋の隅に置いた。

「提案されたプランがとてもよかったので、ほとんど注文はありませんでした。」と修浩さん。淳子さんの言う「1階だけで完結する家」の究極の形のようにも思えてくる。

 

「どう使おうか?」と夢を膨らませる余地のある贅沢

yasuda_03

まだ家具が入っていないことを差し引いて考えても安田家の2階スペースは、広々としている。それは階段が端にある、リビングの上が吹き抜けにはなっているものの、2階スペースを分断していない配置になっているためだろう。

2階スペースを長方形で表せばその片隅のもっとも邪魔にならない部分が吹き抜けのため抜けただけで、あとは遮るものはなにもない大スペースになっているのだ。

正確に言えば、2階スペースの真ん中あたりには壁もあり、仕切りになっているのだが、2枚の引き戸を開けはなせば、限りなくワンルームに近い。

2階の使い方をご夫婦に尋ねてみると、「どうしよう?」という答えが返ってきた。物置にもなるし、書庫にもなる、このスペースをどう使っていくかを考えるゆとりがある、とはなんと贅沢で幸せなことだろう。

 

2階は、フレキシブルに使い方を変えられる

yasuda_04

「ここからの眺めがいいんですよ」と三角窓から外を眺める淳子さん。

三角窓に面した部屋は間仕切りをすれば、子ども部屋2つにもできそうだ。そして、子どもが育ってしまったあとは、めったに上がらない2階になり、大容量の納戸として使っていくのも悪くない。いや、意外と子どもや孫が遊びにきたときの客間として活用することだってできそうだ。

この先、安田さん夫婦がどんな家庭を築いていくかによって、2階の位置づけは柔軟に変化していくはずだ。それができるのが、casa amareなのだから。

 

夫婦唯一のこだわり「キャットドア」

yasuda_05

安田さん夫婦が唯一、こだわってつけたのが、リビングと寝室の間に設けたキャットドア。飼っている猫が自由に部屋を行き来できるように猫専用のドアをつけたのだ。猫のトイレの側には換気扇も設置し、家族の一員である猫といっしょに快適に暮らせる家、を目指したのだ。

 

家のあちこちに木のぬくもりが感じられる山小屋のような家

yasuda_06

リビングから吹きぬけを見上げると、2階の手すりや梁、棟木、柱など木で造られた部分が多く目に入ってくる。外観の黒い壁も木なら、部屋の中でも木の風合いが随所で感じられる。コンパクトな平屋造りということもあって、家具もなく生活感のない中で見るこの家は、山小屋のような手作り感と温かさにあふれていた。

 

 

30代で「平屋がいい」と先を見越す力のある安田さん夫婦。

今は、まだ白紙のキャンバスのようなこの家で、2人はどんな家庭を築いていくのだろうか。そして、それに伴って、この家がどんな表情を見せるようになるのか。

何年か後にもう一度訪ねてみたいと思う家だった。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」