cube

モダンでスタイリッシュな四角い「casa cube(カーサ・キューブ)」の間取りのメリット

「casa cube(カーサ・キューブ)」は、モダンな四角い外観が特徴的だ。オシャレと機能性を兼ね備えている白い壁で覆われた間取りには、大きな窓もなく、天井からのライトが自然な光を照らす仕組みになっている。部屋全体を光が反射している白い壁の明るさと温もりの中に、インテリア家具などを用いて自由なスタイリングが楽しめる。

四角い間取りを有効活用できる

casa cube は、モダンな四角い外観で、中はシンプルな広々とした間取りになっている。その秘密は、通常の窓がなく、壁の面積が広めに取られているデザインだ。余分な柱などもなく、部屋全体を明るく温もりのある空間にしてくれる。シンプルな四角い間取りの特徴は、オシャレなデザイン性だけではなく機能性でも重視されていることだ。例えば、2階はライフステージの変化に対応するため、間取りを変えることもできる。長く暮らしていくための工夫が凝らされているのが、casa cube の魅力の一つだ。

窓が少ないのに明るいのはなぜ?

窓が少なく壁が広い部屋というと、明るさが心配になるだろう。しかし、casa cube には天窓があり、遮熱断熱ガラスが使用されているため、太陽熱は防ぎつつ光が差し込まれている。天井から降り注がれる光や外部からの自然光が、casa cube 特有の真っ白な壁に反射して部屋全体を明るく照らすのだ。しかも、余分なスペースがないため、光を遮られるような障害もないのである。壁全体は、作られたような白色ではなく、自然な風合い漂う塗り壁であり、さまざまなインテリアが合わせやすいのである。

内装のインテリアでアートな空間をもたらす

 

casa cube の白一色のシンプルな外観の中では、インテリアを工夫してスタイリングを楽しむことができる。白い壁にアートを描くように、花などの植物を植えてみたり壁に絵画を飾ったりして、光の反射を上手に利用してみるような感じだ。まるで、美術館にいるような雰囲気を味わえることだろう。また、統一感のある家具を揃えて、内装をスタイリングしてみると間取りが一層華やかに彩られる。家にいながら、カフェにいるようなオシャレで落ち着いた空間が作られるのだ。casa cubeは、インテリアをアレンジすることにより、さまざまなスタイリングができるような無限の可能性を秘めた住宅である。

「casa cube(カーサ・キューブ)」はインテリアを工夫してスタイリングが楽しめる

「casa cube(カーサ・キューブ)」は、モダンな間取りの中にインテリアを工夫して、部屋のスタイリングが楽しめる空間である。その秘訣は、四角いシンプルなデザインの白い壁に立ち込める、天窓からの明るい光がキレイに反射していることだと言える。家具や植物、絵画などを上手くレイアウトしてみると、オシャレで住み心地の良い空間が満喫できるのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家