realestate

戸建賃貸住宅による不動産投資で重要な一戸建て物件の確保

戸建賃貸住宅を使って不動産投資をしようと考えている人はどのようにして一戸建てを確保するかをよく考えておくことが重要だ。マンションやアパートを使うのに比べるとスケールメリットは小さいが、長期的に住んでもらえる入居者を見つけやすいメリットがある方法なので安定収入は得やすい。そのメリットを生かせるようにどんなやり方があるかを知っておこう。

相続した一戸建てをリノベーションする

賃貸経営によって資産を築き上げようという発想が生まれる機会として思い当たるのが相続である。親の遺産として一戸建てを手に入れたとき、自分が住むには適していない場合には売却するか賃貸経営をするかを考えることになる。戸建賃貸住宅による不動産投資ではベストのタイミングで相続した一戸建てを賃貸経営できれば、初期投資がかなり少なくて済む。そのまま住んでもらうのは難しい場合も多いが、リノベーションしてしまえば問題はないだろう。数百万円程度の初期投資で始められることから、一家庭しか入居できない一戸建てでも短期間で利益を獲得できる方法である。

賃貸併用住宅(インカム住宅)を建てて自分も住む

一戸建てを建てて賃貸経営をしようとする場合にはいくつかのやり方があるが、いずれにしても損失を生まないようにするのが重要になる。その一つの方法として、賃貸併用住宅を建てて自分も住むいわゆるインカム住宅という方法が挙げられる。少なくともマイホームを建てられるので生活は快適になり、入居者がいれば住宅ローンの返済に充てるお金も家賃収入から確保できるメリットがある。一世帯か二世帯程度であれば、一緒に住める住宅を建てられるので検討してみると良い方法だ。

数を確保して利益を増やす

自分が住む家は必要ないという場合には、いかにして利益を上げるかを考えると同時に空室リスクを下げるかを考えるのが重要になる。その際の戦略として考えられるのが、一戸建ての数を確保する方法だ。平たく言ってしまえば、数軒あるいは十数軒程度の一戸建てを用意して賃貸経営をすれば、トータルで見れば利益も大きくなり、例え空室ができてしまってもリスクが分散されているので大きな損失を生むことは少なくなる。初期投資額が大きくなるので長期的な運用が必要だが、長い目で見れば大きな資産形成ができる方法だ。

やり方を熟考して一戸建てによる不動産投資をしよう

相続のタイミングであれば初期投資を最小限にできるので、一戸建てによる不動産投資をするのは難しくない。しかし、新しく一戸建てを建てる場合には賃貸併用住宅にしたり、数を確保したりするなどの工夫をすることが必要だ。ここに挙げたのはあくまで例なので、どのようにしたら利益を上げられるかをよく考えて不動産投資を始めよう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。