milanodesignweek

ミラノデザインウィーク2019に出展した「bud brand AWARD 2019」の受賞作品。

イタリア・ミラノで4月9日から4月14日まで世界最大とも言えるデザインイベントミラノデザインウィーク2019が開催された。例年通り注目度の高いトルトーナ地区のSuperStudio という会場のSuperDesignShow に出展した「bud brand(バッドブランド)」。トルトーナ地区のSuperStudio は、フォーリサローネと言われるミラノサローネとしてフィエラ本会場以外で最も注目度が高く、来場者数の多い場所である。

bud brand ブースは富士山型の暖簾

今回の「bud brand(バッドブランド)」のブースは、オープンで広々としたスペースの例年に比べてコンパクトになったが、エントランスを入って2番目という好立地。さらに富士山型の暖簾が会場を訪れる人たちの目を引く。

「日本への入口」をコンセプトにデザインされたブース「ai-fuji」は、和紙の製法でつくられた紙に、天然の藍を使用した藍染をし、富士の美しいシルエットを持たせている。時間の経過とともに色味が美しく変化し、シワさえもあじになる様子は日本文化の中にある「侘び寂び」を感じるはず。さらにこの暖簾を「くぐる」という行為が、ブースのこちら側とあちら側の関係をドラマチックなものに演出する。「旅」というbud brand 2019 のコンセプト通り、ここではないどこかに出会わせてくれるだろう。

bud brand 2019 奨励賞:FUNNYCLIP(マネークリップ)

bud brand AWARD 2019 の一般応募作品の中で奨励賞を受賞し、ミラノデザインウィークへの出展が決まったのがこの「FUNNYCLIP」という作品。Ko Asuka とSubaru Tanaka によるデザイン。機能としてはマネークリップなのだが、透明なクリップ本体に様々な絵柄がプリントしてあり、世界各国の紙幣と合わせて使うと紙幣の図柄と合わせて遊び心溢れる風景を見ることができる。単なる紙幣とマネークリップがコミュニケーションのきっかけを与えてくれる。

参考:https://bud-brand.com/#modal-object-6

bud brand 2019 準グランプリ:甲冑ブランケット

Satoru Shimizu とErika Suzuki による作品の「甲冑ブランケット」は、“甲冑”をモチーフにしたこの旅行用ブランケット 。制作はYutaka Ura。bud brand AWARD 2019 の準グランプリを受賞したこの作品は、軽さと動きやすさを高めたつくりになっている甲冑をモチーフにデザインされている。ニット素材で暖かく、持ち運びしやすく、体にフィットするブランケットであるだけでなく、甲冑ならではのテキスタイルデザインで、気分がアガり、海外でも目立ち注目を浴びることだろう。

参考:https://bud-brand.com/#modal-object-5

 

「FUNNYCLIP」は世界各国の人が見てもクスりと笑え、「甲冑ブランケット」はその存在感と日本的なデザインから来場者にも非常に人気が高い作品となった。bud brand AWARD のユニークな受賞作品はまた来年も期待できるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。