skip

図面だけではわからない高性能でスタイリッシュな「casa skip(カーサ・スキップ)」の魅力

空間を無駄にしないスキップフロアを採用している「casa skip(カーサ・スキップ)」は、外は凹凸しないシンプルな外観。けれど内観はギリギリまで無駄を省いた凸凹した設計と、機能美や空間美を緻密に計算して建てられた究極のデザインで出来ている。

今回は、そんな「casa skip(カーサ・スキップ)」の耐震効果や性能面についての魅力を紹介する。

 

オーダーメイドから高品質なクオリティを実現

せっかく念願のマイホームを建てても、クオリティが低ければ修繕費がかさみ、結果引っ越さなければならないといった事態に。casa skipは、住宅を規格化することで設計・デザインから製造、施工までの工程で高いクオリティを実現。一貫した生産体制であるから、建材を多方面から取り寄せるという手間もかからず、コストダウンも実現している。

 

長期優良住宅に認定されているから、将来も安心

豊かな生活を実現するためには、雨風にも耐え、家族が安心して暮らせる住宅を選びたい。それには地球環境に優しいのはもちろん、頑丈でなければならない。casa skipは国交省認定の長期優良住宅に認定されていることから、従来の戸建よりも安心の住まいだと言える。

 

安心の住宅性能

casa skipは、長期優良住宅の基準のうち「省エネ等級4」、「耐震等級3」、「劣化対策等級3」の各性能において最高ランクを獲得。安心の住宅性能を実現しているのだ。

省エネ等級とは、住宅性能表示制度の評価分野の一つである。住宅の断熱措置などを工夫し、冷暖房に使うエネルギーの消費量を減らせるかを審査して評価するのだ。耐震等級は建物の構造の強さの目安で、地震時の倒壊、崩壊のしにくさを表している。劣化対策等級はシロアリ対策や、住宅の構造面に対する劣化対策について評価する。

 

住宅履歴情報とサポート体制が充実

casa skipには住宅の履歴情報を保存・管理してくれるというサポート体制が備わっている。主に住宅竣工時の設計・建築工事の経過情報や、生活を始めてからのアフターメンテナンス・改築工事などだ。これにより計画的な維持管理が可能となり、売買する際にも有力な情報源となる。

 

高性能でスマートな設計が充実の暮らしを

外観から内観までデザイン面での無駄がなく、スキップフロアを使用した機能性の高いcasa skip(カーサ・スキップ)。その正体はただのデザイン住宅ではなく、頑丈さから売買の際のサポート面まで高待遇の、長く暮らすにふさわしい住宅だった。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。