skip

「casa skip(カーサ・スキップ)」が持つ魅力はその間取りの中にアリ!

「casa skip(カーサ・スキップ)」の間取りはとても魅力的なものである。通常の2階建ての住宅の縦方向にズレを与えることで、こんなにも空間が変わってしまうのかと思わず感じてしまうはずだ。そして、それは「面白い空間」というだけではない。実に効率的で理にかなった住まいであるということがわかれば、あなたもきっと「casa skip(カーサ・スキップ)」に住みたくなってしまうだろう。

まずは天井高についての思い込みを取り除く

住宅では、全ての空間に高さが必要だと思い込んではいないだろうか。収納などは、かえって空間の天井高が高すぎると上の部分を有効利用できなかったりするものである。ある程度の高さがあれば十分なのだ。では、寝室や趣味の部屋はどうだろうか。寝るだけのスペースであれば、低い方が心が落ち着くということもあるだろう。趣味の部屋であれば、天井が低い方が、秘密基地のような感じが出て、部屋にこもって趣味に没頭しやすくなるかもしれない。しかるべきところにはしっかりとした天井高、そして必要ないところは抑えた天井高と、それぞれの空間に適度な高さを与えた間取りになっているのが、casa skip である。

都会だからこそスキップフロアという選択

スキップフロアの住宅は、都会でこそぜひ選択肢に入れたい間取りである。都会には様々な制限がかかってくる。その中でも一番厄介なのが高さ制限だ。本当は2階建ての住宅を建てたくても、高さ制限などに当たってしまい、いびつな形でしか設計できないこともある。casa skip は、そのような場合でもフロアレベルをずらして設計している為、2階建ての住宅を建てることができる。そしてその間取りの内容も考え抜かれているものなので、快適に住むことができるのである。

広く感じることができるスキップフロア

casa skip では、フロアレベルが通常の2階建てと比べて複雑にはなっているが、反対に広々と感じることができる。それは、スキップフロアにすることで、通常は壁を作って空間を区切るところを、壁が無くても空間をゆるやかに区切れるようになったからである。そうすることで、視線が壁で止まらずに奥の空間まで届くようになり、広く感じることができるのだ。また、レベルが異なるフロアに人が立つことで、人と人との視線も緩やかに合うようになる。いつもどこかに家族の存在を緩やかに感じることができる住まい、それがcasa skip なのである。

「casa skip(カーサ・スキップ)」の間取りは様々なものに変化を生む

「casa skip(カーサ・スキップ)」の変化に富んだ間取りは、家族の住まい方に対しても変化を与えてくれる。これまでの個室で区切られた住まいとは異なり、緩やかに家族をつないでくれるからだ。そして、ゆとりを与える間取りでありながら、効率的な空間の取り方をしている。この魅力はぜひモデルハウスで体感してもらいたいものだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。