piatto

家族が平らにつながる平屋の住まい「casa piatto(カーサ・ピアット)」

本来日本の風土に合った住まいは、「平屋」ではないだろうか。日本では古くから「平屋」という住まいの形があり、2階を作らない住宅の構造は、地震の多い日本では耐震という視点からも非常に適していると言える。古来から存在する平屋スタイルの住まいを現代のライフスタイルに合うようにデザインされたのが「casa piatto(カーサ・ピアット)」だ。

動線がスムーズなcasa piatto

casa piatto は、寝室からリビング、お風呂やトイレなどすべてが平らにつながることができ、動線もスムーズな平屋住宅。生活をする場所と庭が緩やかにつながって、四季折々の表情を楽しむ日本の暮らしにも非常によく馴染む。特に子育て中となると家族のコミュニケーションが取りやすい住まいであり、子供たちが巣立った後には、2階を持て余す心配もなく安心。ライフサイクルに対応することができる快適性も大きな魅力だ。

平らにつながる平屋住宅

雨天の時の荷物運びもスムーズに行えるようにと、屋根がついた細長い玄関アプローチで、洗練された美しい空間へとつながっていく。住まいの中心にはLDKを配置して、LDKを囲むようにモダンな畳の和室や水回りが配置されています。家の中心にあるキッチンで家事を行いながら、そしてくつろぎながら、別室の家族とも緩やかにコミュニケーションを図ることができる。それぞれの家族の時間を大切にしながら、家族が緩やかにつながることのできる暮らしやすい間取りと言える。家族同士の距離も自然と近くなることだろう。

casa piatto の特徴として、長さが1m10センチにもなる深い軒が挙げられる。通常では60センチから90センチ程度となっている軒だが、地面と水平に広がる屋根は、夏の強い日差しを遮り、冬は太陽の残りを室内にまで取り込んでくれる。この深い軒をぐるりと一周することによって、シンプルな矩形を描くことになる。

15%を占めるたっぷりの収納スペース

casa piatto は、casa cube のように決まったデザインから広さや色、仕様などを選ぶことのできる商品住宅の一つである。無駄のない間取りや考え抜かれたデザインによって、想像を超えたゆとりを感じさせる住宅となる。収納スペースが住宅全体の15%を占めるように設計されているところも大きな魅力。通常のマンションであれば収納スペースは6%ほどになるため、これを大幅に超えることになる。

 

「casa piatto(カーサ・ピアット)」では、美しく洗練されたデザインと、生活のしやすい機能性が融合した一生満足することのできる平屋を体感することができるのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。