skip

スキップフロア住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」の広さを実感できる5つのスペース。

「casa skip(カーサ・スキップ)」は、フロアの高さを半階分ずらして交互に連続させるスキップフロアと言う建築方法で作られた住宅である。フロアに高低差が生まれることで、実際の床面積より広く感じられ、壁や扉をつけなくても空間を仕切ることができる。その「casa skip(カーサ・スキップ)」 は、広さをより実感できる5つのスペースが存在する。

1st stage. ベッドルームとアウターストレージ

天井高を抑えた寝室は心落ち着く空間。ガレージとして使いバイクやキャンプ道具を置いたり、音楽室にして楽器を持ち込んだりと外から直に出入りできるアウターストレージは、自由な使い方ができて非常に使い勝手がいい。

2nd stage. エントランスとサニタリー

エントランス、玄関、ホール、サニタリースペースは、女性やお子さんにもうれしい生活動線を考えた配置になっている。お出かけ前の準備をしたら鏡で全身をチェックしよう。

3rd stage. リビングダイニングキッチン

家の真ん中のスペースには、家族が自然に集まれる広々としたワンルームタイプのLDKをレイアウト。自然に家族が集ま理、みんなとつながる大空間だから、おしゃべりしたり、お子さんと一緒の空間で、毎日楽しくクッキングしたりとcasa skip の内部空間の一体感がわかります。視線を遮るものがないので、心からくつろぐことができる。

4th stage. フリースペース

フリーステージは子どもたちの「秘密基地」のような空間。姿は見えなくても話し声や気配が届けられる「開かれた個室」が、お子さんの想像力や独創性を育み、自立心を養う。

他にも家族みんなのライブラリーやパソコンスペース、子どもたちのスタディルーム、セカンドリビングやゲストルームとしてなど、使い方は自由自在だ。

5th stage. ルーフデッキ

庭がなくても、お隣さんが近くても、頭の上には空があるがcasa skip。お茶やBBQ、ガーデニングなどを楽しめるルーフデッキで、大空を独り占めできる。BBQやホームパーティを開いたり、家族で朝食をとったり、他にも天体観測したりとルーフデッキは、楽しみ方がいっぱい。太陽に一番近い場所で、大空を独り占め。

 

このように広さを実感できる5つのスペースを見ると、スキップフロアや「casa skip(カーサ・スキップ)」の良さを最大限に理解できるだろう。なかなか頭の中で想像し難いスキップフロアは、全国の「casa skip(カーサ・スキップ)」のモデルハウスで体験できるので、是非実際に訪れて実感してみて欲しい。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。