casita

将来に経済不安を持つ現代人こそcasita(カシータ)で「戸建賃貸経営」を始める時代。

今の社会情勢を考えると将来に不安を抱える人は多いはず。以前は当たり前のようにあった年功序列で賃金が上がる制度や終身雇用は、保障されなくなってきている。いつ仕事を失うかわからない、そんな不安を持つ人は収入を得る手段として「投資」を考え始めるのは当然の流れだろう。

そんな将来に経済不安を持つ現代人こそ「戸建賃貸経営」を検討してみてはどうだろうか。

家を建てる人がどんどんと減っている

いま日本では、家を建てる人がどんどんと減っている。世帯数が激減したわけでもないのに、着工棟数が減っているのはなぜなのか?まず第一に、雇用が不安定。加えて少子高齢化社会で将来、年金だってどうなるかわからないし、ライフラインのコストは値上がりしていく。

そんな状況の中では、何十年ものローンを組んで、何千万円もの借金を負うことに腰が引けてしまう人も多い。年配の方たちは想像できないかもしれないが、「家はいつか買うもの」「夢のマイホーム」という価値観を、若い世代はもう持っていないのだ。

希少性の高い戸建賃貸住宅

しかし、平成28年に国土交通省が発表した調査によると「望ましい住宅形態」として約7割の人が「一戸建て」と回答。「家を買う」という価値観は以前と比べて薄れたものの、多くの人が隣住民に遠慮しながら家賃を払い続ける賃貸住宅ではなく、一戸建てを望んでいることがわかる。

そこで注目されているのが「戸建賃貸」だ。一番の魅力はその「希少性」で、東京では民間の賃貸マンション・アパートが全体の84.5%を占めるのに対して、戸建て・テラスハウスが5.8%のみ。この数字をみれば、東京の戸建賃貸の供給がいかに少ないかが分かるだろう。高い需要に対して供給が圧倒的に少ないため、入居率が高く空室リスクが低くなるのだ。

意外と多い戸建賃貸経営でのメリット

また不動産投資の最大のリスクは、初期投資の金額の大きさだと言われているが、戸建賃貸は初期投資が少なくて済み、早く回収できるのも特長。アパートやマンションのオーナーは、潤沢な資金を持ったごく一部の人に限られたものであるとも言える。

実際オーナーになるには約1億円かかるとされているが、戸建賃貸なら1000万円前後の初期投資で始められる。そして建物の完成から満室になるまでの期間が短いので、短期間で利益を回収できる確率が高くなる。

ほかにも高い利回りが期待できることや、賃貸アパートやマンションほど立地にとらわれないこと、狭い敷地や変形した土地でも開発できることなども戸建賃貸のメリット。戸建賃貸とはリスクが低く堅実であり、将来の不安を解消するのに最適である。

 

そんな「戸建賃貸経営」の中でもオススメしたい戸建賃貸住宅が「casita(カシータ)」だ。「casita(カシータ)」は貸す人、借りる人、すべての人にうれしい「WIN×WIN」の関係を築く、新しい賃貸住宅であなたの将来への不安を取り除いてくれるだろう。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。