design

ニュータウンの丘の上に建つ、白いモダンな外観のみはらしの良い平屋住宅。

山形県山形市の丘の上にあるとあるニュータウンは真新しい新築住宅や、まだ建築中の住宅が立ち並ぶこれから新興住宅街。そのニュータウンに最近完成した1つのモダンなデザインの住宅が際立っている。

白いモダンな外観の平屋住宅

自然豊かな山々に囲まれた立地に、洗練された白い漆喰壁が美しい外観がそっと佇む。その白い外観はデザイン性だけではない。道路に面した敷地からは極力内観の様子が見えないデザインにすることで、外からの侵入や視線を回避。「平屋住宅だからこそのデメリット」をとことん抑えることができている。

みはらしの良いテラス

一方、通路に面していない側の壁には、横一面に広がるテラスを設置。広々とした窓を多く採用した開放的なリビングと繋がりを持たせることで、山形の美しい自然と暮らしが共存する空間を可能にしたのだ。凛とした玄関側からは感じ取れなかった温かな木の温もりと、メリハリをつけるアイアンバーの黒が白の外壁を引き立て、スタイリッシュに仕上げている。

キッチン・テラス・リビングが共に連なる空間設計

平屋住宅の設計では、1フロアだからこそ「空間づくり」がとても重要かつ難しいとされる。しかし今回の平屋住宅は、その点が最も注目したい一番の魅力だ。間取りそれぞれの空間同士が分離することなく、また重なりすぎることもなく「丁度良い繋がりで連なっている」からこそ、家全体のバランスがうまく取れているのだ。

導線や開放感を考え「壁を取ること」を選択しながらも、必要な所には躊躇なく堂々と壁を作る。それにより生まれる光と風の流れや機能性は、正に建築家が創り出す巧みの技だ。

リビングに設置したテレビの裏側には、書斎にしてもよし、客間にしてもよし、4帖のフリースペースを設置。プライベートを大切にしながらも、しっかりと気配を感じられる「程よさ」への一癖もたまらない。

平屋住宅の家づくりで参考にしたい空間づくり

今回紹介したのは、建築家・内山里江氏が手掛ける平屋住宅。見晴らしの良い丘の上に立つ美しいロケーションを堪能しつつ、平屋住宅だからこそ外からの視線や防犯にもこだわった住宅は、一歩入れば広々とした空間が広がる。今回紹介した空間以外にも、この物件の魅力はまだまだ語りきれない。

 

所在地:山形県山形市/構造:木造/規模:地上1階/敷地面積:334.92㎡/建築面積:105.58㎡/延床面積:105.58㎡

くるみ

くるみ

グラフィック/ウェブデザイナー兼ライター。ニッチでコアな音楽ディストロレーベル ano records を主宰。スーツケース1つで突然移住してしまう癖がある。(アメリカ3ヶ月・オーストラリア1年・石垣島半年)

目指すは、海外ノマドワーカー。暮らしながら世界一周。いつもワクワクの向かう先へ!

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。