realestate

一軒家を建てて戸建賃貸住宅として使っていく賃貸経営のススメ。

一戸建て住宅は自宅であると同時に資産だけれども、基本的には前者のイメージが付きまとう。なぜならば、一戸建てを住宅として利用するので資産という面が生まれにくいからである。しかし、生活の場として用いる戸建てを文字通り資産に変化させてお金を稼ぐ方法が存在する。それが、戸建賃貸住宅で言わば一軒家を貸し出して家賃を手に入れることなのである。

戸建の賃貸住宅について

賃貸経営には、アパートやマンションを建てて家賃収入を手にするスタイルがある。他方で、戸建賃貸住宅とはその名の通り一軒家を物件として提供を行って代わりに家賃を稼ぐ。やり方は、一軒家を建築する際に一緒に戸建賃貸住宅も建設して一方は住居に使ってもう片方は物件にする。なお、戸建賃貸住宅として一軒家を貸し出すこの手法には様々なメリットがある。

戸建住宅を貸すメリット

一軒家を貸し出して家賃を得ると、当然ながら収益があるので経済的な恩恵を受けられる。すなわち、本業を行っている間に稼ぐ形になるので便利である。さらに、戸建賃貸住宅の場合は立地場所を問う必要がない。アパートやマンションの場合だと、立地環境に左右されるので継続的に募集を行う。また、契約期間があるので更新が続く限り利益を受け取れる。しかし、戸建で貸すケースだと地理的要因や契約期間の部分が違うのである。

戸建だと立地環境はそれほど問われず、また一軒家なので期間の更新が存在しない。無論、一戸建て希望者が長く暮らすことが前提となるが基本的には住み続ける。従って、定期的に募集を掛ける必要性がなくなる上に継続的に家賃収入が手に入る。ゆえに、一軒家を活用した賃貸経営は選択肢の一つになるのである。

一戸建てを賃貸にする際に気を付ける点

賃貸経営をするために戸建賃貸住宅を建てるのであれば、様々な点に配慮しなければいけない。実際に家を建てて、家賃を受け取れるかどうかについて念入りに計画を立てよう。さらに、一軒家の建築には資金が求められるので調達先や返済方法及び期間についても熟考する必要がある。他にも、住んでもらいたくなるような家がどんなものなのかを考えておく。ゆえに、戸建賃貸住宅を利用して賃貸経営するのであれば色々とやる項目がある。

一戸建て住宅による賃貸経営の結論

一戸建ての住宅はアパートやマンションと比べて、地理的な事情や居住期間に左右されない。従って、継続的に家賃収入が入るので結果的にはプラスの影響が及ぶ。通常ならば家としての面が強い一戸建住宅も、使い方を変えると収入源となり得る。ゆえに、一軒家を建てるのであれば並行して賃貸経営を念頭に置くのもありとなる。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。