carina

お洒落な南欧風、自由自在な間取りを求めるなら「casa carina(カーサ・カリーナ)」

家を建てる際に、オーナーの個性や価値観が最も反映されるのが、外観のデザインかもしれない。「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、お洒落で温かみのある南欧風の外観が特徴。まさに個性豊かなオーナーには最適な住宅である。室内も考え抜かれた機能を備え、間取りについても居住者のライフスタイルに合わせながら、自由自在に設定できる。

「casa carina(カーサ・カリーナ)」とは?

オフホワイトの爽やかな外壁、ライトブラウンの明るい瓦屋根、全体的に温かみや優しさを感じさせる外観。そんな南欧風にデザインされた住宅が、casa carina(カーサ・カリーナ)である。こだわりがあるのは、外観デザインだけではない。素材については天然のスイス漆喰を採用し、外壁の白さをいつまでも維持できるように工夫されている。天然のスイス漆喰は太陽光の紫外線に反応すると、汚れを分解する性質があるのだ。自然素材にこだわった、デザイン性の優れた住まいと言えるだろう。

日本の気候に十分対応した南欧風住宅

日本の気候といえば、夏と冬の寒暖差が激しく、高温多湿で知られる。これは南欧地域とは大きく異なる特徴だ。では南欧風にデザインされたcasa carinaは、大丈夫なのだろうか。この点、高い断熱性と気密性によって、日本の気候にも十分対応できる性能を備えているのが、casa carinaの特徴の1つ。例えば、窓枠には断熱性に優れた樹脂サッシを取り入れ、結露やカビの発生を防いでいる。また高気密な玄関ドアを採用し、外気を建物の中へ入れにくくすると同時に、外へ室温を逃がしにくい構造にしているのだ。南欧風でありながら、日本の気候にふさわしい住まい、それがcasa carinaである。

家族ニーズに合わせた自由自在な間取りを実現

家を建てる際には、家族の人数や年齢あるいは価値観など、様々な要素から間取りを決めていく。また時間の流れとともに、居住者のニーズも変わっていくものだ。つまり現在だけでなく将来も含めて計算しながら、間取りを決めるのが理想的である。casa carina であれば居住者のニーズに合わせながら、柔軟に間取りを設計することができる。例えば子育て世代の場合には、1階部分にキッチンやバスあるいは洗濯置き場などを集約。これにより家事動線を直線化することで、家事や育児の負担を軽減することが可能だ。また子どもが成長することを想定して、家族の共有スペースから子供部屋へ分割できるプランもある。

住みやすさを実感できる、casa carinaの魅力

デザインをはじめ性能や間取りなど、「casa carina(カーサ・カリーナ)」の魅力は尽きることがない。南欧風の建物は親しみやすく、日本の気候に耐えられる強靭さも秘めている。そしてデザインだけでなく、住み心地や健康にも十分に配慮されているのが、「casa carina(カーサ・カリーナ)」の特徴でもある。実際に長く住む者だけが、その良さを理解できるのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました