glamping

日本初上陸のテント「レインドロップ」を設置したグランピング施設「GLAMP ELEMENT」がオープン!

2017 年6 月グリーンパーク山東敷地内にオープンした大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT(グランエレメント)」は、日本初上陸のテント「レインドロップ」を設置し、新たな客室エリアを開設。4月28日に2018年度の営業を開始、全15 室をオープンする。

日本初上陸のユニークなテント「レインドロップ」

日本初上陸の「レインドロップ」テントを2 室新設。

日本に初上陸した雨粒型が可愛いレインドロップテント。テントながら室内にシャワーとトイレを設置し、快適に過ごすことができる。広々とした室内は雨天時には食事も可能だ。

客室の増設に際しバーテラス(バースペース、カジュアルスペース、リラックススペースと3つのコンセプト)を設けるなど、敷地エリアを延べ3 万平方メートルへ拡大。また、県外からの観光客を中心に、より滋賀県の魅力を感じるフードメニューを取り入れてリニューアルした。近江牛のバーベキュー串や、伊吹産の牛乳を用いたスィーツなど、より上質なおもてなしを提供する。

レインドロップ

客室数:全2 室(定員4 名様)
宿泊料金:1 名様あたり¥24,500~
室内:直径7m 約38 ㎡
デッキ:8m×3m 約24 ㎡

おしゃれな2 階建て客室「ヴィラ」

グランエレメントで唯一の2 階建てヴィラは定員6 名様で広々としています。1 階部分を開放的なオープンデッキに仕上げ、ゆったりとお食事を楽しむことができる。ジャグジーバスや2 階テラスを設け、他のお部屋よりワンランク上の空間を提供する。

ヴィラ(2 階建て)

客室数:全3 室( 定員6 名様)
宿泊料金:1 名様あたり¥24,500~
室内:(1 階) 7m×3m 約21 ㎡/ (2 階) 7m×5.3m 約37 ㎡
デッキ:(1 階) 7m×4.9m 約34 ㎡
テラス:(2 階) 7m×1.5m 約10 ㎡

グランピング施設「GLAMP ELEMENT(グランエレメント)」

滋賀県米原市池下に2017年6月3日オープンした、県内最大級の大型グランピング施設。中央の大きな池でカヌーを楽しめるロケーションも去ることながら、Instagram を始めとするSNS でも今話題沸騰中の「本格的なグランピング」料理を楽しむことができる。

リゾート感あふれるドリンクを提供するバーを併設したラウンジ「アストラル(メイン棟)」を中心に、1 階がオープンデッキの2 階建てヴィラ、大きな窓から池と伊吹山を望むウッドキャビン。

バースペース、カジュアルスペース、リラックススペースと3つのコンセプトで上質の空間を提供。

様々なスペースが来場客を楽しませてくれる。

伊吹山側にはロータステントと2018 年日本初上陸のレインドロップテント、その対岸にはドームテントが点在し、日暮れからそれぞれの部屋に灯りがともり始めると辺りは幽玄の世界に包まれる。

どのタイプのお部屋も池に専用カヌーをご用意し、客室にはウッドデッキがあり、ディナーやモーニングもここにスタンバイ。池の噴水や鳥だけでなく、初夏はホタルの姿を見ることができる。

2018 年「GLAMP ELEMENT 2nd SEASON」と題し、池を除く、敷地4 万平方メートルのうち、3 万平方メートルを整備済み。来季は、残り1 万平方メートルを増設し、「GLAMPELEMENT Final Stage」へと進む。

 

国内に続々と出現するグランピングスペース。その中でも日本初上陸のテント「レインドロップ」は非常にユニーク。充実したスペースもある「GLAMP ELEMENT(グランエレメント)」は極上のグランピング体験を与えてくれそうだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。