skip

「casa skip(カーサ・スキップ)」などスキップフロアの住宅の4つのメリット。

空間を明確に仕切らずに開放的な家に憧れる人は多い。フロアの高さをずらして交互に連続させ、フロアに高低差を作るスキップフロアのある家はどうだろうか?例えば、カーサの商品住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」などがそうだ。スキップフロアであれば、実際の床面積より広く感じられ、壁や扉をつけなくても空間を仕切ることができる。

そんなスキップフロアのある住宅のメリットとは具体的に何だろうか?

1.家の中を広く使える

土地の形状や法律により建てられる家の大きさに限度がある。そういう場合は、スキップフロアの住宅にすると有効面積を増すことができる。一般的な2階建ての住宅でも3層分の床面積が確保できるかもしれない。また、無駄な空間を省く分、書斎や勉強部屋、あるいは収納スペースなど機能ごとに有効に空間を使えることもメリットだ。casa skipのように美しく収まった室内は使いやすい。

2.視覚的に広く感じる

一般的な2階建ての住宅は壁で視線を遮られてしまう。casa skipのように壁のないスキップフロアの住宅は、視線が上下斜めに抜けるため、実際の面積よりも室内が視覚的に広く感じられる。また、壁や扉をつけなくても空間を仕切ることができ、フロアを移動するごとに見える景色まで変わる楽しさもある。

3.家族のコミュニケーションが活発化する

壁や扉で仕切られていないスキップフロアの住宅は、どこにいても家族の気配が感じられる。視覚的にもつながる各フロアは、子供達の声や音を感じて安心できるだろう。しかも、フロアが上下にずれているので家族で程よい距離感を保ち、コミュニケーションが活発化する。

4.収納スペースを確保しやすい

高低差を利用したスキップフロアは、余剰にできる天井の低い場所を有効に使うことができる。床下に部屋を作れば高さが圧縮でき、その分、シューズクローゼットやアウターストレージなど収納スペースを確保しやすい。また、収納の位置も適切な場所に設置できるので使い勝手もいい。

 

スキップフロアのある住宅のメリットは感じられただろうか?

階段を上るごとに眺めも変わ理、新鮮な驚きと発見をもたらすスキップフロア。

ただ、スキップフロアの住宅は設計が難しく、建築家や設計力のある工務店でないとハードルが高い。それに建築費用もバカにならない。

商品住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」であれば、クオリティの高いスキップフロアのある住宅をリーズナブルに手に入れることができる。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。