cago

タイニーハウス(小さな小屋)にも最適な「casa cago(カーサ・カーゴ)」

近年では若い人を中心に、ミニマリストが注目を集めている。ミニマニストとは無駄なものを持たず、必要最小限のものだけで暮らす新しいライフスタイルのことである。そんなミニマリストにもおすすめの住宅が、「casa cago(カーサ・カーゴ)」だ。タイニーハウスと呼ばれる小さな小屋にも、casa cago(カーサ・カーゴ)であれば対応することができる。

「1cago=6畳」を基本ユニットとした平屋住宅

「1cago=6畳」を基本とした平屋住宅であることが、casa cagoの特徴である。6畳というスペースは私たち日本人にとって「ちょうど良い」広さであり、これをユニットとして組み合わせ設計することで、住む人のライフスタイルに最適な住宅を実現する。以前は家は大きければ大きい方が良いという考え方が主流だったが、実際に大きな家に住んでみると無駄なスペースが多くて使いづらかったり、掃除や手入れが大変だったりするなど、様々な不都合を感じることが多い。無駄を省いた必要最小限の住宅であるcasa cagoには、機能的で暮らしやすいというメリットがあるのだ。

cagoの組み合わせによる自由な設計が可能

casa cagoではユニットを組み合わせて、住む人の希望に合わせた住宅を設計する。6畳のユニットであるcagoは、1個から複数個までの組み合わせが可能だ。例えば最小の「CABIN」は1個分のcagoによる設計プランとなっており、タイニーハウス(小さな小屋)にも最適である。1cago=6畳の広さの中にトイレの設置も可能であり、趣味のためのスペースや自宅から独立した離れなど、様々なニーズに対応する。その他は3個分のcagoを横に並べた「CAFE」や、複数個のcagoを組み合わせた「DOUBLE WING」「COURT HOUSE」「STICK」などの様々なプランが用意されており、必要に合わせたプランを選ぶことができるのだ。

基本性能にもしっかりとこだわった住宅

住宅としての基本性能にしっかりとこだわったことも、casa cagoの特徴である。casa cagoはシンプルなオリジナルパーツと、自然素材の組み合わせにより構成されている。良質のパーツや素材を使用して、耐久性や耐震性や省エネ性などを高めることで、住む人に安心と安全を提供するのだ。さらに施工やアフターメンテナンスや改築などの住宅履歴情報を保存して管理することで、計画的な住宅の維持を可能としている。casa cagoはメンテナンスがしやすく長寿命であり、子供や孫の世代になっても住むことができる住宅なのである。

規格住宅と自由設計のそれぞれの良さを活かした住宅

ユニットを組み合わせて住む人の希望に合わせた住宅を設計するcasa cago(カーサ・カーゴ)は、規格住宅と自由設計のそれぞれの良さを活かした住宅だ。無駄を省いた必要最小限のプランにより、限られた予算の中で高品質の住宅を実現することができる。タイニーハウス(小さな小屋)にも最適なcasa cago(カーサ・カーゴ)は、シンプルで自分らしい生活を志向する人におすすめの住宅だといえるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家