milanodesignweek

【6/19(水)】「bud brand(バッドブランド)」Milano Design Week 2019 出展報告会のお知らせ!

毎年4月にイタリア・ミラノで開催される世界最大規模のインテリアデザインのイベント「Milano Design Week(ミラノデザインウィーク)」。今年も日本人クリエイター支援プロジェクト「bud brand(バッドブランド)」が同イベントの中でも非常に注目度の高い会場であるSuperStudio のsuperdesignshow に出展した。

そこで「ミラノデザインウィーク2019」出展報告会を昨年同様に「タイニーズ 横浜日ノ出町(=YADOKARIプロデュース)」で開催する。

昨年の様子はこちら:https://hash-casa.com/2018/08/08/budbrand2018report/

日本人クリエイター支援プロジェクト「bud brand(バッドブランド)」とは!?

bud brand(バッドブランド) = つぼみ(bud)+綺麗に咲かせる(brand)

住宅からプロダクト、グラフィック、システムまで豊かなモノコトをデザインするクリエイティブカンパニー「FANFARE」と、日本の住宅の価値・寿命・性能を世界レベルにすべくビルダーや建材メーカーをつないでリソースを共有する会社「casa project」を中心とする「一般社団法人 日本 DESIGN BANK」が主宰していて、毎年ミラノデザインウィークに多くのデザイナーを紹介、発信している。

2019年のテーマは【「旅」を100倍楽しませるデザイン。】

目的地までの旅路で楽しむ。
いつもと違う風景で楽しむ。
食や物、ファッションで楽しむ。
出会った人と楽しむ。
そして旅人とも楽しむ!

今年のテーマは「旅」ととても楽しみな気分になるものだったが、その期待通り興味深い作品が集まったのではないだろうか。

作品紹介:
https://hash-casa.com/2019/05/04/budbrandaward2019/
https://hash-casa.com/2019/05/06/budbrandstudent2019/
https://hash-casa.com/2019/05/08/budbrand2019/

bud brand 公式サイト

「Milano Design Week(ミラノデザインウィーク)」とは!?

毎年4月に開催され、出店企業は約200社、期間来場者数は約30万人を超え、世界最大規模のインテリアデザインのイベントと言える。原型となったミラノサローネのフィエラ・メイン会場では世界のトップブランドやデザイナーから最新のトレンドが発信され、ミラノ市内で同時多発的に開催されるフォーリ・サローネではジャンルもコンセプトも制限がなく、家具やプロダクト、インテリアに関わらず、有名デザイナーによるインスタレーションなどが展示され、ミラノがデザイン一色で溢れかえる。

参加お申し込み

今回の報告会と言っても当日はお酒やドリンクを飲みながら気軽にトークイベントを楽しむ会になっていて、bud brand に出展した作品の紹介に限らず、それを通した体験などを聴くことができるのでミラノデザインウィークやミラノの空気を感じ取ってもらえるのではないだろうか。

Milano Design Week 2019 出展報告会

開催日:2019年6月19日(水)
スケジュール:15:15〜会場受付開始/1部(報告会):15:30〜17:30/2部(交流会):17:30〜18:30
会場: Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町)〒231-0066神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166
会費:4,000円(1名)フリードリンク&フィンガーフード費込み
定員:30名
主宰:一般社団法人 日本 DESIGN BANK

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。