amare

綺麗な空気が循環する家「casa amare(カーサ・アマーレ)」の魅力

日本の美の原点である大和比を採用している「casa amare(カーサ・アマーレ)」。伝統美と最新技術を駆使して設計された住まいは、後世に渡って永く快適に住み続けられるよう空気の循環にも目を向け、心地よさを実現している。

今回は、そんな綺麗な空気が循環する「casa amare(カーサ・アマーレ)」の魅力をご紹介する。

 

中軸回転式天窓が綺麗な風を循環させる

casa amare に使用されている中軸回転式天窓は、フラップレバーが上部に取り付いていることで操作がしやすく、サッシが180度に回転することからガラスの外側の掃除も簡単。雨天時は天窓を閉めたままでも、フラップレバーを下すことでフィルター越しに換気することができる。

また、ガラスには安全性の高いLow-E強化複層ガラスを採用し、高い強度と耐久性を実現。木目のデザインがcasa amare 全体の雰囲気とも馴染み、より快適で心地いい天窓ライフを送ることができる。

 

屋根パネルが広々とした空間を実現

天井部分の広々とした空間を叶えたのが、断熱材を組み込んで一体化させた屋根パネルだ。独自に開発された屋根パネルは部材の気密性を高めることで断熱性能を高め、施工性も向上。空間にゆとりができ、スッキリとした天井部分は風がよく通ることで空気の流れをサポートする。

屋根裏は子供や親子の憩いの場として最適なスペースだ。日常の忙しなさを忘れてリラックスするにはうってつけの場所だろう。

 

内壁には呼吸する最新素材「モイス」を採用

バーミキュライトと珪藻土などの天然素材からできた「モイス」は、室内の湿度が一定の高さになると湿気を吸収し、逆に湿度が低くなると湿気を放出して湿度を調整してくれる多孔質の内装材だ。

湿度を調整することでカビやダニの発生を抑えるのはもちろん、ペットやタバコの気になる匂いをシャットアウトする消臭機能も備えており、綺麗な空気を作る。化学物質を寄せ付けない吸着機能もあるため、小さなお子さんも安心して生活することができ、健やかな成長を見守ることができる。

 

綺麗な空気の循環が、家族の健康を守る

いくら広くて機能性の高い住宅だとしても、空気が淀んでいては家族の健康が害されてしまう恐れがある。愛するパートナーや子供たちが健やかに伸び伸びと暮らせるよう、体に直接入る空気には気を遣い、綺麗なものを保ちたい。

さまざまな工夫で綺麗な空気の循環が実現した「casa amare(カーサ・アマーレ)」、ぜひ選択肢に入れてみてはいかがだろうか。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」