design

風や光の心地よさを最大限に味わう。平屋ならではの開放感のあるリビングが魅力の家

家族で過ごす時間が一番長いのは、どこの家庭も”リビング”になるのではないでしょうか。想い出の中心になる大切な空間だからこそ、こだわって作りたい。土地に吹く風や光の心地よさを大切にされていたオーナーが、建築家・深瀬ヤスノリと共に建てたのは、リビングから周りの風景を一望できる大きな窓が配された平屋でした。

住宅で過ごす時間を大切にされる、インテリア好きのご夫婦のこだわりがつまった一軒です。

シンプルながら小洒落た雰囲気の外観

シンプルながらもホワイトとブルーグレーの色味が落ち着いた印象を与える外観。 サッシやポストに用いられた黒が淡い色合いを引き締めています。玄関前の空に映える鮮やかなタープもアクセントになり、シンプルながらもデザインに対するこだわりが伺えます。

自然と溶け込むこだわりのリビング

建物の中央に位置する玄関を開けると広がる空間。右手側には寝室などの部屋が並び、もう一方には開放感のあるLDKが広がります。壁を天井まで繋げず上部を抜けにすることで、濃いブルーの色合いでも圧迫感がなく、棚や柱の木目を美しく引き立てます。壁の裏面はクローゼットを中心にLDK・水まわり・居室・玄関が配され、風も光も人も回遊できるようになっています。

コーヒーテーブルもスペースに合わせて長くすることで、より空間を広く感じられます。敢えてソファを設けないことで導線が限定されず、来客や子どもの成長に合わせた自由な使い方が可能に。

自然光が溢れるカフェのようなキッチン

カウンターキッチンでは外の風景を眺めながら食事を楽しめます。調理スペースとの高さを揃えることで、料理はもちろん掃除の負担も少なくなります。 窓に近い位置にキッチンを設けることで、天気のいい日に外でコーヒーを飲んだり、BBOやお花見などのパーティーをしたりなど外でのアクティビティを気軽に楽しめます。

洗面台にはタイルと、バックライト付きのミラーを設置することでホテルのような高級感に。差し色のブルーがここでもアクセントとなり、リビングに負けず劣らず印象的な空間にまとまっています。

 

平屋だからこそ空間の仕切りが自由になり、理想の暮らし方を叶えられるのかもしれません。川沿いに面した大きな窓から眺る四季の移ろいとともに、そこで過ごす時間はかけがえのないものに。家族が集う”リビング”から考える。住宅づくりの参考になる一軒です。

構造:木造/規模:地上1階/建築面積:104.75㎡

榎本綾

榎本綾

新しいものよりヴィンテージに惹かれます。

建築家は坂茂が好き。

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。