carina

南欧風のデザインが特徴的で快適な間取りの住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」

国によって家の雰囲気は大きく異なる。日本にはない特徴がそろっている家は、一種のあこがれと感じている人も多い。そのような人々の理想をかなえる住宅が「casa carina(カーサ・カリーナ)」だ。南欧風の間取りと快適性をそろえた「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、一目見ただけで心惹かれるとともに、時間がたつほどに愛着がわいてくるだろう。

美しい南欧風のデザイン

casa carinaの大きな特徴は南欧風のデザインの住宅ということだ。彩は白やオレンジといった明るい色合いを多用したさわやかな印象を与える。天然スイスの漆喰の壁は光を浴びた輝くほか、短角屋根はオレンジの色が鮮やかだ。窓枠や玄関などはやわらか認証を与えるデザインを採用している。照明や階段などのパーツにさえも、こだわりが見られ、個性が光っている。南欧の邸宅をイメージしているため、無垢材や漆喰、テコラッタといったナチュラルテイストを多用していることも、カーサ・カリーナの特徴だ。

機能性と快適さの共存

casa carinaの特徴は、南欧風でかわいらしいというだけではない。かわいらしさと機能性・快適さも共存していることも大きな特徴である。天然木を使用して作られる玄関ドアは、耐熱性や防犯性にも優れており、快適な温度を年中保つことに役立つ。100%天然素材の漆喰は、遮熱性に優れたうえで見た目にも美しく、汚れを自浄作用で分解する優れた素材だ。床材、建具、タイルといった部分にはウッドテイストを多用しており、木の柔らかさとあたたかさを感じさせるとともに自然素材で子どもでも安心して過ごすことができる。窓部分にはオール樹脂を使用し、やわらかな印象を与えたうえで光熱費の削減にも役立つ。

美しい間取りと過ごしやすさ

casa carinaは素材やデザインばかりではなく、間取りにもこだわりがある。南欧風のデザインを巧みに取り入れつつ、日本の生活においても快適さを失うことのない間取りだ。玄関わきの収納から始まり、すぐ近くの風呂場など、子どもから大人まで自由に便利に過ごすことができる間取りだ。収納も広く設けており、開放感のある家族間のコミュニケーションがスムーズで取りやすい間取りを採用しているので、心地よく過ごすことができる。

casa carina(カーサ・カリーナ)でおしゃれに快適に暮らす

日本にはまだ少ない南欧風の家は、casa carina(カーサ・カリーナ)で簡単に作ることができる。casa carina(カーサ・カリーナ)は、かわいらしいデザインだけではなく、優れた素材の使用によって快適さも備え、細部にまでこだわった間取りによって居心地よく過ごすことが可能だ。おしゃれで快適な南欧風の家・casa carina(カーサ・カリーナ)を検討してみるのもよいだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました