skip

高低差を作ることにより、より広い生活空間を生み出す住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」

凸凹のある家、と聞くと少々過ごしにくい家なのではないかと思う人もいるのではないだろうか。「casa skip(カーサ・スキップ)」はそんな凸凹を活用し、住み心地の良い家、という事を実現している。凸凹の持つ高低差をメリットとして最大限活かしている、この「casa skip(カーサ・スキップ)」という住宅は、今までの住宅の常識を覆すような革命的な住宅なのである。

スキップフロアが作り出す新世界

casa skip の最大の特徴とも言える工法、それがスキップフロア工法だ。スキップフロア工法とは、フロアに凸凹等の高低差を付け、1階と2階の間に中2階のようなフロアを作り出す工程のことである。一般的に、2階建てなどの住宅にはデッドスペースが多く潜んでいると言われている。このデッドスペースを極力なくすため、あえて凸凹を作ることによりそこに新たな生活スペースを作り出すという事がこのcasa skip のコンセプトである。この工法のメリットは、使える空間が広がるという事はもちろん、壁や扉などを使わなくても、部屋を仕切ることが出来るため、家族同士のつながりがより深められるという点もある。

機能性と強さ、そしてデザイン性を兼ね備えた住宅

casa skip は室内は機能性を求め、凸凹があるのに対し、外観は凸凹を極力排しているという特徴もある。このcasa skip をはじめとしたcasa シリーズの家は、シンプルな外観が持ち味だ。このシンプルな外観で機能的な室内を包み込むという事が、デザイン性と機能性の両立という、casa skip の目指す、新しい住まいの形を演出している。そのようなシンプルなデザインにより生み出すことの出来るオリジナリティは、従来型の住宅にはあまり見られない特徴と言えるのではないだろうか。

あらゆるニーズに対応出来る家・casa skip

casa skip の凸凹による高低差が作り出す空間は、ありとあらゆる人たちの多彩なニーズに応えられるようなユーティリティ空間である。例えば、1階は家族団らんの場として、中2階は各々の趣味の部屋、2階は寝室など、使い方によって可能性は無限大に広がっていく。その趣味のスペースは、独書棚やホームプロジェクターなどのインドア趣味の物、バイクやサーフィンなどといったアウトドア趣味のものなどどんなものでも対応可能だ。屋上テラスは、ガーデニングやホームパーティーを開くなどの趣味やイベントにも対応している。

高低差という概念をプラスにとらえた革新的住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」

「casa skip(カーサ・スキップ)」は、スキップフロアの良い所を最大限に活かした、機能的かつ自由自在、そして快適な空間を生み出す住宅である。住宅づくりにおいて、妥協をしたくない、常識にとらわれないような自由な暮らしをしたいなどと考えている人は、この「casa skip(カーサ・スキップ)」の家造りというのも選択肢の一つになるのではないだろうか。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。