casita

土地活用の新しい形。戸建賃貸住宅の賃貸経営で高い安定性を獲得!

賃貸経営というとアパートやマンションというイメージがありますが、近年では戸建住宅の賃貸経営も注目されています。戸建て賃貸住宅には、アパートやマンションなどの集合住宅経営にはない、いろいろなメリットが存在するからです。ここでは、戸建賃貸住宅のメリットについて紹介しています。自分に合った土地活用の方法として、検討してみてください。

需要は多いが供給は少ない

現代の日本では、賃貸物件といえばアパートやマンションなどの集合住宅が大半で、一戸建ての賃貸物件は極めて少ないという事情があります。この供給の少なさに対し、借り手の戸建賃貸住宅に対する需要は決して低くありません。このバランスの悪さに、土地活用のチャンスが潜んでいます。供給数が少ない、つまり競合物件が少ないため、借り手を探しやすい状況にあるのです。近年アパートやマンションは供給過多の傾向にあり、空き部屋対策は多くの大家さんが頭を悩ませている部分です。借り手を見つけやすいというのは、賃貸経営において大きなアドバンテージと言えるでしょう。

空いた家を賢く活用

戸建賃貸経営の多くは、住む人がいなくなった家を貸し出すという形が一般的です。親が死んで実家に住む人がいなくなってしまった、海外転勤が決まり家が空いてしまう、といったときに、住んでくれる人を探すというのがよくあるケースでしょう。こうしたケースでは、新たに物件を建てる訳ではないので、賃貸経営のための初期費用がほとんどかかりません。また、一戸建て住宅の場合、借り手が家を気に入って買い取ってくれる可能性があります。これはアパートやマンション経営ではないメリットということができるでしょう。

集合住宅に向かない土地も活用できる

駅から遠い、変形地で大きな集合住宅を建てるのが難しいという土地でも、戸建賃貸経営なら活用できる可能性があります。戸建てであれば各々の家に駐車場を設置することも難しくありませんし、形状に合わせて家屋を設置することも可能だからです。これまで活用を諦めていた休眠地でも、特性に合わせた効率的な土地活用が可能になります。今ある家を活かすだけではなく、賃貸経営のためにこれから新しく建物を建てるという場合も、戸建て住宅は魅力的な物件なのです。

安定性の高い戸建賃貸経営

需要に比べて供給が圧倒的に少ない戸建賃貸住宅は、賃貸経営という視点で見ると非常に魅力的です。ニーズが高く借り手が探しやすい上、戸建住宅は、借主が決まれがそのまま長く住んでもらえる場合が多いというメリットも期待することができます。今ある住宅を活かす場合、これから新たに賃貸物件を建設する場合、それぞれにメリットもあります。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。