cago

ミニマリストも満足できる「casa cago(カーサ・カーゴ)」でニーズに合った小屋暮らし

住宅は広ければ良いというものではない、それを象徴しているのが「casa cago(カーサ・カーゴ)」である。6畳という広さを1cagoという単位として、その1cagoの様々な組み合わせから生み出される設計は、シンプルで自由、住む人のニーズに合わせた家づくりが可能だ。余計な部屋やスペースを省き、必要な部屋だけを提供する「casa cago(カーサ・カーゴ)」は、ミニマリストにとっても居心地の良い家と言える。

条件に合わせやすい多様なプラン

casa cago は、平屋の主に3つのデザインと5つのプランを提案しており、それぞれの用途や土地に合わせた設計が可能である。1cago を3つ横に配置するCAFE タイプや、8cago を使って真ん中にウッドデッキのスペースを設け、左右に部屋を配置したDOUBLE WING タイプなど、プランに適した家を建てることができる。また、同じく8cago でコの字の形をしたCOURT HOUSE タイプは、実際の広さよりも空間的な広がりを感じられるようになっていて、STICK タイプは8cago を風や自然光を利用できるように配置するなど、立地条件に合わせた設計を提供している。

隠れ家的なプランも実現できる

なお、casa cago には1cago だけで作るCABINタイプのものもあり、手持ちの庭がある人であれば庭に一部屋を設置することもできる。用途としては、物置小屋や音楽スタジオなど、6畳分のスペースがあるので何にでも利用可能だ。勿論、離れの部屋として、独立した生活を送ることもできるようになっているので、一部屋を丸ごと一つの家として使用するのも良い。趣味の部屋として、または、仕事場として利用する手もあり、その範囲はまさに自由なのである。

ミニマリスト向きでもあるcasa cago

また、casa cago の各プランは、小屋暮らしとしても快適な生活を送ることができるようになっており、自宅以外の別の場所に建設して別荘のように利用するのも良い。そして、casa cago は無駄を省いた設計になっているので、本や衣服などの余計な物を部屋に入れない、必要最小限の物だけで生活をするミニマリストにもピッタリの住宅なのである。そもそもミニマリストは、たくさんの部屋も必要としないため、小屋とも総称されるcasa cagoの住宅は住み心地の良い空間として、ミニマリストも満足できるだろう。なお、casa cago はデザイン性にも優れている住宅で、建具などにもこだわりを持っており、地震にも強い耐震性を提供、安心をも得られる住宅なのである。

casa cago で理想的な小屋暮らし

人は誰もが理想の家に住みたいものだが、コストやデザイン、立地条件など様々なものが重なって結局は費用が高くなることもある。だが、「casa cago(カーサ・カーゴ)」はデザインにも優れた、低コストで安全な住まいを提供している。別荘感覚でもう一つ、特別な家が欲しい人も「casa cago(カーサ・カーゴ)」なら理想的なプランの実現が可能、小屋という遊び心溢れる空間は充実した生活を提供してくれるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家