cube

スリット窓だけの究極にシンプルな外観!プライバシーを守る四角い家「casa cube(カーサ・キューブ)」

「家を建てるなら窓は大きいほうがいい」という家づくりの常識を覆した「casa cube(カーサ・キューブ)」。四角い形にドアとスリット窓だけが付いた究極にシンプルな外観は、見た目が美しいというだけではなく、プライバシー保護や防犯の観点からもメリットが多い。そこで今回は「casa cube(カーサ・キューブ)」の四角い家の特徴や、窓がないことによるさまざまなメリットを紹介する。

「casa cube(カーサ・キューブ)」とは!?

2007年に登場したキューブ型住宅のパイオニアcasa cube。シンプルな四角い家の正面にはドアのみで窓がない。側面には1階から2階にかけて細長くスリット窓が伸び、外観にアクセントを加えている。この究極にシンプルで美しいデザインがcasa cube の一番の特徴だ。

「casa cube(カーサ・キューブ)」のメリット

空き巣の60.1%は窓ガラスを割って侵入しているというデータがある。それを防ぐために窓の防犯性を高めようとするとコストは高くなりがちだ。casa cube のスリット窓の幅は12.2cm。他には窓がないため人が入れるのは玄関のみだ。玄関の施錠をしっかりするだけで人の侵入を防ぐことができ、プライバシーをしっかり守ることができる。窓がないことのメリットは他にも。窓が大きい家は冬の暖気や夏の冷気が窓から逃げやすい。casa cube は窓がない分熱効率が良くなるため電気の節約が期待できる。また、壁の面積が大きくなるということは構造的に強くなるということなので、耐震性にも優れている。気になるのは室内の明るさや風通しだが、通常の3倍の採光を確保できる天窓を使用している為、昼は照明なしでも十分明るい。セントラル換気システムにより24時間室内の空気をきれいに保つことができるうえ、すべりだし窓でどの方向からでも風を取り込んで換気することができる。

「casa cube(カーサ・キューブ)」のカラーバリエーション

casa cube の外壁は職人の手仕事による塗壁で、6種類のカラーバリエーションから選ぶことができる。年月が経つにつれて味が出て風合いが増すのを楽しむことができる。継ぎ目がないため耐久性が高く、メンテナンスの必要がないのでコストパフォーマンスが高い。また、雨水はスリットラインの板金凸部分を伝って下へ流れるので、外壁の雨だれ汚れを防止し美しい外壁をキープすることが可能だ。スリットラインのカラーは3色から、窓のカラーは4色から選ぶことができる。

まとめ

四角い家のパイオニア「casa cube(カーサ・キューブ)」の魅力を知っていただけただろうか?スリット窓だけのシンプルなデザインにすることで、プライバシーを守り、防犯性を高めることができる合理的な住宅だ。外観が美しい、熱効率が良い、耐震性に優れているなどメリットも多い。窓の大きい家がいいという今までの固定観念は捨てたほうが良いかもしれない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家