sole

様々なリスクを回避してあなたと家族の生活を守る「casa sole(カーサ・ソーレ)」

「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、太陽光発電パネルとオール電化を標準装備した住宅で、地球環境に優しく、エコな暮らしを実現する。

太陽光発電で電気代高騰や停電のリスク回避

あなたがマイホームが欲しいと思っているとしたら、casa sole のようにソーラーパネルを設置して太陽光発電で電力を賄うことを検討してみるといい。

日本は石油や石炭、あるいはウランなどの燃料を海外から輸入して、火力発電や原子力発電を行なっている。そのため、中東情勢の悪化などでの燃料高騰のリスクを常に抱えている状況だ。

また、日本に住んでいるならわかっていると思うが、世界的にみても日本は地震が多い国である。そのため、地震や津波、火山活動による停電もあり得る。2011年の東日本大震災による被害や原発事故、そして計画停電や原発の運転停止などは記憶に新しい。

そのため、太陽光発電とオール電化をセットで考え、電気代高騰のリスクや停電のリスクに備えるのは、十分に理に適ったことであると言える。もともとの性能が高く、高断熱・高気密が実現された住まいなら、エネルギーの消費も最小限に抑えられ、エコな暮らしが実現できるだけでなく、色々なリスクに備えられるという点も大きなメリット。

地震や火災にも強いcasa sole

casa sole は、「耐震等級3」をクリアした強い構造を持っていて、震度7の地震にも動じない、非常に頑丈な家であることも地震のリスク対策として重要だ。数百年に一度発生するような大地震の1.5倍の地震(震度7クラス)でも倒壊・崩壊しない対策が取られている。家の躯体自体が強い構造であり、強度の高い構造用素材や壁パネルを使用して、強い耐震性を実現しながら広々とした快適な空間の実現している。

casa sole に搭載されている構造用素材「LVL JWOOD」は、JAS認定による高強度の構造材で、梁の折れにくさを表す曲げ強度やせん断強度で他に比べて10~20%の高い数値を示している優れもの。オプションでドイツのエヴォルツというメーカーの最先端の技術を結集させた制振ダンパーも設置が可能。揺れを軽減するとともに建物への衝撃を和らげ、地震の衝撃を軽減させる。

さらに熱に強く燃えにくい、高い耐燃焼・防火性能を誇るフェノールフォームを採用し、火災からも大切な家族と住まいを守っている。

 

このように「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、ありとあらゆるリスクを回避してあなたと家族の生活を守る住宅である。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。