casita

リーズナブルな「casita(カシータ)」で希少性が高い戸建賃貸住宅で始める投資。

一般的に不動産投資や賃貸経営を始める場合にはアパートやマンションなどの集合住宅が対象になることが多い。確かに集合住宅での賃貸経営は事例も多く、それに関連した書籍も数多く出版されていて、簡単に知識やノウハウを取得することができるが、実際始めてみると理想と現実のギャップに苦しむハズだ。

これに対して、戸建の住宅を賃貸として貸し出す「戸建賃貸住宅」は、一般的に幅広く知られている訳ではないが、アパートやマンションなどの集合住宅での不動産投資と比較しても確実な投資方法として一部の投資家や不動産オーナーの間で注目を集めている。

希少性が高い戸建賃貸住宅

一般の人が賃貸経営と言うとアパートやマンションなどの集合住宅をイメージするように、この戸建賃貸住宅はまだ市場には多く出回っておらず、絶対数が少なく希少性が高くなっている。平成28年に国土交通省による「今後の望ましい生活形態」の調査から、全体の約70%が戸建住宅に住みたいという回答が得られているが、賃貸住宅の中で戸建住宅の着工数は全体のわずか5.6%にとどまり、供給に比べて圧倒的に供給数が少なく、ニーズが全く満たされていないことがわかるだろう。

その中でもcasita は、このように希少性が高い戸建賃貸住宅である上に、高いクオリティとデザイン性を有しているため、大勢のオーナーに選ばれている。

リーズナブルに提供できる戸建賃貸住宅

アパートやマンションのように巨額の初期投資が必要ないのも戸建賃貸住宅での不動産投資の魅力の一つ。

casita は、全国に点在している高い技術とデザイン能力を有した建築会社や工務店と手を組んでネットワークを形成する事により、商品開発をはじめ資材の調達や集客、販売までを共有している。このネットワークを利用することで性能やデザイン性が高い戸建賃貸住宅を非常にリーズナブルに提供できるようになっている。

例えば施工に際しては、同一の設計図が用いられて進行する上に用いる建材も同一なので、工場にて大量生産された材料を共有することで大幅にコストカットを実現。工期も大幅に短縮されるので、職人の人件費も削減できる。

通常優れたデザインの注文住宅を建築家に依頼した場合、総工費に加えて10%から15%の設計料がかかってくるが、casita においてはデザインと設計、仕様が予め定められているため、都度の設計料は必要ということになる。例えば、総工費が3千万円であれば設計料が300万円から450万円にもなる計算なので、それを節約できることは非常に大きいと言えるだろう。

予め定められている間取りや収納スペース、窓の位置や設備、照明などは優れた知識と技術を有している建築士によるものなので、一般的な注文住宅に引けを取らない、多くの面で最良の戸建賃貸住宅ができあがる。

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は、戸建て住宅に持ち家感覚で住みたいというファミリー層からの人気が根強いため、駅にさほど近くない敷地でも十分に需要を見込むことが可能だ。また、家賃設定も強気に設定することができるため、クレジットの高い家族がが生活するから契約期間が長くなり安定的な不動産収入が期待できる。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。