amare

「casa amare(カーサ・アマーレ)」は住まいの美しさと強さを保つ家

あらゆる自然災害が頻発している現代において、家の丈夫さなどといった機能面はやはり気になるところ。いくら丈夫でも外観に美しさがなければ購入のモチベーションは上がりづらく、かといって美しいだけで脆い家は家族の命の危険にも関わる。マイホームには美しく、なおかつ強い家を選びたいもの。今回ご紹介する「casa amare(カーサ・アマーレ)」は、そんな住まいの美しさと強さを兼ね備えた住宅だ。

 

壁は幾重にも重なる断熱構造だから、夏も冬も快適に

casa amareの壁は優れた断熱材が幾重にも重なり、夏も冬も快適な空間を実現。杉板の下見張りに、四重構造の通気層、アルミ製遮熱シート、耐力面材、ウレタンフォームを経て、ようやく内装材にたどり着くという仕組みだ。厚さ18mmの断熱構造で夏は外の熱を遮り、冬は内の熱を逃さない。季節に見合った働きをしてくれる快適な家だ。

 

雨風から家を守る耐摩擦塗装の屋根

雨風のダメージを真っ先に受ける屋根には、耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性と全てにおいて優れており評価の高いガルバリウム鋼板を採用。積雪の多い北海道などでも採用されている耐摩擦塗装を施したものを使用しているから、台風時の強い風や雨の衝撃、積雪の重量にも耐られる。

屋根といえば住宅の天井に値するといっても過言ではない。住む人の頭上を守る役割を担っているからこそ、あらゆる自然災害から住宅と住人を守れる強さを備えていなくてはいけないのだ。

 

床はバーナー仕上げの御影石で美しく

家の顔である玄関の床も、できることなら美しく丈夫であってほしいもの。床は毎日の動線の舞台であることから経年劣化しやすく、見栄えも衰えていくことがほとんどだが、casa amareの場合、玄関部分の床は御影石をバーナーで焼いて仕上げている。防犯面はもちろん、客人を招いた際に綺麗な床だと褒められ、鼻が高くなるだろう。床にこだわったことがない、という方もぜひ一度検討してみてほしい。

 

補強金物「ハラテック21」で美しさと強さを実現

casa amareは木のぬくもりにもこだわっている。自然の美しさと温かみを醸し出すには、金具の存在はできるだけ避けたいもの。そこで考えたのが、「ハラテック21」だ。

「ハラテック21」は木造軸組工法の美しさを活かすために、金物全体が構造材の中に隠れてしまうよう作られた補強金物で、柱や梁にも金具が見えない優れものだ。これによって吹き抜け空間もスッキリ見え、木のぬくもりが家全体に伝わっていく。金具を隠すことで美しさを演出し、機能面での強さも実現した。

 

長持ちする家が、家族の暮らしを守る

住宅は家族が伸び伸びと羽を伸ばすことができる、安らぎの場所でなくてはならない。その大前提のもと、美しさと強さを兼ね備えたのが「casa amare(カーサ・アマーレ)」だ。住宅が健康で長持ちする状態でなければ、家族の心身の健康を実現することは難しい。まずは、外からの危険にも何の心配もなく耐えてくれるような、そんな頑丈な家を選びたいものだ。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」