cube

住宅密集地でも理想が叶う家!神奈川県茅ヶ崎市にある「casa cube(カーサ・キューブ)」

神奈川県茅ヶ崎市に「casa cube」を建てた森さん宅におじゃましました。今回は、なんと黒い外壁の「casa cube」です!

モダンでシンプルな「casa cube(カーサ・キューブ)」

茅ヶ崎駅からほど近い住宅地にある森さん宅。「モダンでシンプルな家にしたい」という夫婦の理想が形となった黒い外壁の「casa cube」に、長女のはなちゃんと三人で暮らしている。

住宅密集地に建つ森さんのお宅。この立地条件で、住みやすい家を建てるにはどうすればいいのかと迷っているとき、偶然出会ったのが「casa cube」だった。ご主人の幸太郎さんは、隣近所に面した窓ではなく、天窓から明かりを取り入れるという「casa cube」に魅力を感じたそうだ。

「大きな窓があっても周囲の視線が気になり、結局、カーテンを閉め切ってしまうだろうなと。そうすると、日中でも暗くなってしまいますよね。casa cubeだと、天窓はもちろん、スリット窓からも日差しが入るので、一日中明るくて気持ちがいいです」

以前は長野県に住まわれていた森さんご一家。当時のご自宅は、幸太郎さん曰く、「とにかく冬は寒かったし、夏は暑かった」そうだが、casa cubeに住み始めてからは「冬は暖かく、夏は涼しく」なったと話してくれた。

奥さまの理恵さんも「動線が考えられているので、すごく動きやすいです。家事が以前よりも楽にできるようになりました。開放感のある吹き抜けもお気に入りです」と、快適な茅ヶ崎ライフを送っているようだ。

温かみのあるモダンな家

家づくりにおいては、壁紙、ドアノブ、建具、床材などなど、選ぶものがそれこそ山のようにある。もちろん選ぶ楽しさもあるけれど、逆にそれが“負担”になることもある。そうした家づくりを幸太郎さんは次のように語った。

「外壁や壁紙など、決められている数種類のなかから選ぶcasa cubeの家づくりのスタイルがとてもよかったです。ストレスなく家づくりに取り組めたと思います」

“モダンな家”を目指し、外壁と階段の手すりの色を黒色に。室内はシックになりすぎないよう“温かみ”を意識して、階段の踏み台を木製にしたという。

ダイニングのイスやリビングのソファに座って、ゆったりと過ごすことが好きだという理恵さん。「娘がハンモックで本を読んだり、作業机で工作をしたり、主人が二階のフリースペースで音楽を聴いたり……。そんな二人をのんびりと眺める時間が心地いいんです」

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家