casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」に想定される借り手はきっとこんな家族!

これから物件を買って賃貸経営を始めようというとき、本当に借り手が現れるのか、空室になってしまわないか、など不安がたくさんだと思う。アパートやマンションは、空室率が立地条件にかなり左右されるし、これから地方都市での人口減少していく中で競争が激しく、大きな家賃収入も期待できないだろう。

そんなとき、そもそも絶対的に物件の供給数が少ない戸建賃貸であれば、今なら大きな需要に対して確実にフィットしていくことができる。それに戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」のような、借り手が「住みたい」と思ってくれるような物件であれば、高い稼働率を実現できる。

では、こんな魅力的な物件に「住みたい」と思ってくれて、さらに実際に借り手になってくれる家族はどんな人たちなのだろうか。想定される借り手をイメージしてみよう。

1. 育ちざかりの子どもがいる家族

まず、一般的な家族が一戸建てに住もうというタイミングは、結婚や出産、子どもが成長したときなど具体的に家族の数や暮らしが変化したときではないだろうか。2~3LDKなど広いリビングダイニングに機能的なキッチン、寝室などに使える諸室が必要になるが、casita であればそれらは一通り揃っている。

小さい赤ちゃんや幼稚園や小学校に通う年の子どもは、仕方のないことだが、近所への騒音などで迷惑をかけていないかなどどうしても気にしてしまう。もちろん近所の人たちが子どもに寛容であることがほとんどであるが、そういったことにクレームをつけてくる人もいるという。その場合、アパートやマンションなどの集合住宅だと厳しいので、戸建賃貸住宅が有効というわけだ。

2. 高いクレジットの家族

希少性が高い戸建賃貸住宅は、需要と供給のバランスで家賃が高い。さらに借り手に「住みたい」と思わせることができるcasita のような戸建賃貸住宅であれば、強気な家賃設定が可能だ。また、当たり前だがアパートやマンションより広々していて、独立性も高いので住み手の満足度も高くなる。

その場合、借り手は高い家賃でも借りてくれる家族しか集まらないので、質の高いクレジットの家族が借りてくれる。恐らく物件を綺麗に使ってくれるし、満足度が高ければ長い間そこに住んでくれるだろう。質も高い借り手が、独立性の高い物件に住むのでご近所どうしのトラブルも少ない。

3. 賃貸でも自分らしいライフスタイルを楽しみたい家族

デザイン性が高いcasita であれば、自分好みのインテリアスタイリングをすることもできるし、収納も多いので趣味のものを収納しやすく、住まい手の自分らしいライフスタイルを賃貸でも実現できるだろう。これでいいや、と住まいを選ぶ人ではなく、こだわって注文住宅を建てるような家族ほど住みたいと言ってくれるかもしれない。

また、ガレージ付きのcasita や屋上テラス付きのcasita もあるので、「こんな暮らしをしてみたい」という願いを持ち家のように賃貸でも可能にする。インナーガレージに好きな車を収納したり、屋上テラスでグランピングしたりとユニークなライフスタイルを楽しめる家族が住んでくれるに違いない。

 

こんな風に具体的にイメージできると、「casita(カシータ)」で戸建賃貸住宅のオーナーになって、賃貸経営を始めてみようという気持ちになるのではないだろうか。やはり、借り手の満足度を高め、「Win×Win」な関係を築くには「casita(カシータ)」のようなクオリティの高い住宅が必要なのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。