piatto

「casa piatto – カーサ・ピアット」など改めて注目されている平屋の5つのメリット。

小屋など小さく住まう考え方が浸透してきているお陰か、最近改めて「平屋」の住宅が見直されつつ、若年層だけでなく色々な層から注目されている。カーサプロジェクトの商品住宅「casa piatto(カーサ・ピアット)」もその1つで、評判も良いようだ。

一時的なブームではない「平屋」には普遍的な魅力があるようだ。今一度、改めて平屋のメリットを考えてみると良いだろう。

1.家族のコミュニケーションが活発になる

2階建や3階建の住宅と異なり、1階に全ての空間が集約され、1つのフロアで家族が住まうことになるのが平屋の住宅だ。そのため、自然に家族同士で顔を合わせたり、声を掛け合ったりとコミュニケーションが活発化する。その分、個人個人のプライバシーをより考慮して設計する必要はあるものの、プランニングを入念にすることでデメリットを解消できる。リビングダイニングを広く取ったり、対面式のキッチンにしたりすることでその効果を最大化できるだろう。

2.機能的な動線を作りやすい

1階に全ての空間が集約されている分、動線を自由に作りやすいのが平屋である。垂直方向の移動はなく、平面的な移動でのみ構成されるので、生活動線や家事動線が単純化できるのだ。

3.階段スペースを有効活用できる

当たり前の話だが、2階建や3階建の住宅には階段があり、階段自体のスペースも大きく取られるが、それに接する廊下などを合わせると1つの家の大部分を占めてしまう階段スペース。平屋になってしまえば、階段とそれに接するスペースを考慮しなくて良くなる。その分、リビングダイニングを広く取ったり、収納を増やしたりと階段スペースを有効活用できる。

4.構造的に安心度が増す

日本が地震大国であることは皆さん知っての通り。2階建や3階建の住宅はその分住宅自体の重さが載ってくるが、平屋は1つの階分の重さしかなく、地震発生時も揺れも小さく、上階に押し潰される心配もない。

もちろん何か会った時に避難しやすいのも平屋と言える。

5.メンテナンスしやすい

2階建や3階建の住宅だと階段の昇り降りがあり、若い時は良いが、老後などになると掃除するのも大変になる。平屋であれば、見渡せる限りを掃除すれば良いということになる。

外壁のメンテナンスなども業者に発注すると足場を組んで職人さんに作業してもらうことになるので、その分メンテナンス費用がかさんでいく。

 

こうして平屋のメリットを考えてみるとその合理性が良くわかるだろう。「casa piatto(カーサ・ピアット)」などクオリティが高い平屋の住宅であればさらに満足するに違いない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。