sky

「casa sky(カーサ・スカイ)」を購入する際に知っておきたい3つのプラン

日常を非日常に変えてくれる癒しの屋上空間が設置されている「casa sky(カーサ・スカイ)」は、冬には満天の星を堪能したり、スパを温泉にするなど、ラグジュアリーな憩いの時間を過ごすことができる。庭付きの住宅も憧れるが、家族だけのプライベート空間が約束された屋上付きの住宅も夢が膨らむものではないだろうか。

今回は、そんな「casa sky(カーサ・スカイ)」を購入する際に知っておきたい3つのプランをご紹介する。

 

1.家族団らんの空間を重視した「4×4+WIC」の3LDKプラン

全体的に4×4の正方形でスペースを確保したこのプランは、どの部屋へ行くにも通路が狭まっておらず、動線がスムーズ。特に家族団らんの場所になるLDKの空間を広くとることで、家族間のコミュニケーションを豊かにし、明るい家庭作りを手助けする。さらにウォークインクローゼットなど、収納面も充実している。

1階は52.36㎡(約15.83坪)、2階は54.98㎡(約16.63坪)、3階は5.79㎡(約1.75坪)と3つのプランの中で一番広い作りなのがこのプラン。バルコニー面積は48.85㎡(約14.77坪)、延床面積は113.13㎡(約34.22坪)だ。

 

2.夫婦二人暮らしにオススメの「3.5×4.5+SIC」の3LDKプラン

そこまで広さは重視しないという夫婦二人暮らしにオススメなのが、このプラン。4×4の3LDKプランとほとんど間取りは変わらないものの、広さをわずかに凝縮し、移動する際の負担を減らしている。また、浴室とキッチンがあるLDKがしっかり区別された間取りであるため、生活のメリハリがつけやすく、夫婦それぞれの時間を確立しやすい。

1階は51.34㎡(約15.53坪)、2階は53.82㎡(約16.28坪)、3階は5.79㎡(約1.75坪)と、3階の広さは他のプランと変わらないから安心だ。バルコニー面積は48.03㎡(約14.52坪)、延床面積は110.95㎡(約33.56坪)だ。

 

3.寝室をゆったり構えた「3×5+WIC+SIC」の3LDKプラン

縦長と空間をスマートに考えて設計されたこのプランは、奥行きを利用することで実際よりも空間を広く感じられる作りになっている。寝室も正方形の作りである4×4タイプより広く感じるため、ベッド以外にも自分なりのインテリアを設置して楽しむことができ、一日の終わりの就寝タイムが充実したものになる。また、ウォークインクローゼットとシューズインクローゼットも完備。一見狭く思うかもしれないが、収納面にも妥協はなく、屋上も開放感があり快適だ。

1Fは51.34㎡(約15.53坪)、2Fは52.99㎡(約16.02坪)、3Fは5.79㎡(約1.75坪)と3.5×4.5タイプとそんなに変わらないが、空間の広さはこちらの方が奥行きがある分感じやすいかもしれない。バルコニー面積は47.20㎡(約14.27坪)、延床面積は110.12㎡(約33.31坪)だ。

 

ライフスタイルにあったプランを選ぼう

家族が多く、一家団らんの時間を生活の中で重要視するのであれば、1のプランをオススメする。将来子供を作る予定もなく、夫婦二人で仲良く生涯を送るという二人には、2もしくは3のプランがオススメだろう。住宅選びは家族とどんな将来を送りたいか話し合うところから始まる。将来設計に合ったプランを選び、素敵なマイホームライフを送ってほしい。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。