casita

賃貸経営をあきめていた方にこそオススメしたい戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」。

お金についての心配が尽きない現代社会で、老後資金が心配だったり、本業とは別に収入が欲しいと考えたりして投資や資産運用をしたいと思うのは普通のこと。そこで、手元の資金を活かしたり、使っていない土地を活用したりしようとして賃貸経営を真剣に考えてみた人は多いハズ。

だけど、賃貸経営は、不動産のプロならいざ知らず、素人が気軽に始められる投資ではない。色々なことを考慮したら、やはり賃貸経営をあきらめてしまうことがほとんどだろう。そこで、オススメしたいのが戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」だ。

賃貸経営は難しい

賃貸経営を始めるにあたって、土地や物件を購入する必要がある。そこでまず多大なイニシャルコストがかかる。アパートやマンションを建てると、新築の時は満室になるかも知れないが、10年も経つと入居者にとって魅力的な物件ではなくなるため、空室も増えてくるだろう。その上でイニシャルコストを回収できるだろうか、いや難しい場合がほとんどだろう。ランニングコストもかさみ、家賃設定も落とさなければ入居者は増えない。色々なジレンマに取り憑かれるため、賃貸経営は難しいのだ。

アパートやマンションではなく戸建の賃貸住宅に投資しよう

それでもそういったジレンマから逃れるやり方はある。アパートやマンションなどの集合住宅ではなく、戸建の賃貸住宅である。アパートやマンションは場所によっては供給過多になっていて競争が激しい。それに比べて戸建の賃貸住宅というのは、需要に比べて圧倒的に供給が少なく、希少性が高い。地方であれば車を持っている前提で考えるため立地条件も厳しく問われないし、その希少性から家賃設定も強気に出ることができる。

イニシャルコストもアパートやマンションほど高くないし、集合住宅と異なり、共有部がないためランニングコストも抑えられる。また、もし仮に採算が取れないとなったら、戸建住宅であるから売ってしまいやすいのも、リスク軽減の方法になる。

驚異の入居率99.37%の戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」

いくら希少性が高い戸建の賃貸住宅と言っても、何でも良いというわけではない。戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」であれば、「住みたい」と思わせる工夫がいっぱい。ありそうでなかった「長期優良住宅」に対応でき、高クオリティでデザイン性も高く、驚異の入居率99.37%を誇る。

 

あなたがもし賃貸経営で資産運用や資産形成をしたいと思ったら、アパートやマンションではなく、戸建の賃貸住宅で、しかも「casita(カシータ)」一択だと思う。あきらめていた方こそ、もう一度考えてみてはどうだろうか。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。