rozzo

家にその人らしさを「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」で暮らしの中に家がある生活

  • asananasanan
  • 219 278

毎日着る服や持ち物…あなたの持っている身の回りのものは、全てその人らしいスタイルが現れているのではないだろうか。毎日見て、触れて、過ごす住まいも、シンプルで住む人の“その人らしさ”が反映される、そんな新しい商品住宅「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」を紹介する。

暮らしを丸ごとパッケージした住まい

選べるスタイルの1つである「グランデブルー」は、鮮やかなエメラルドブルーをアクセントウォールに採用した、自由と海が似合うスタイル。サーフィンやダイビングを仲間と楽しんだ後は、ワークテーブルを囲んでスモールパーティーを。カジュアルなパインパネルが気軽な雰囲気を盛り上げる。

服と同じように家のスタイルを決めるとはどういうことだろうか。casa rozzoなら、住み手の趣味やライフスタイルによって5つのスタイルからお気に入りのスタイルを選ぶことができるのだ。選択するスタイルによって内装の色使いやベースとなる素材が異なる。さらに、それぞれのスタイルに合わせて家具や照明、雑貨に至るまでがパッケージされているため、好みのテイストのインテリアがトータルコーディネートされているのである。はじめからスタイルが統一されているため、あとは好きなものを追加していけば、その人らしい住まいが完成する。

家に個性を出す「素材使い」

casa rozzoの“rozzo”はイタリア語で「荒削りな」や「ラフな」という意味を持つ。シンプルでラフな素材は、配置する家具や小物を引き立てる。

一歩家の中に入ると、玄関の収納やオリジナルキッチン、リビングの壁面収納に至るまでスタイルごとに同一の素材で統一されており、家全体に統一感がもたらされている。スタイルごとのそれぞれの素材は、DIYなどでも人気の有孔ボードや、木繊維の表情が特等的なストローボードなど、シンプルだが空間のアクセントになるこだわりの素材が使われている。

主役になるワークテーブルでコミュニケーションの取りやすい居住空間

casa rozzoの大きな特徴のひとつが、キッチンと対面にして備えつけられた、ワイドなワークテーブルである。キッチンのすぐそばにあるため、サブテーブルとして簡単な食事も取れるし、キッチンカウンターのように使い普段の配膳や片付けにも役立つ。またワークテーブルの天板の下は収納になっているため、キッチンの小物や趣味の道具をしまっておくこともできる。


また、ダイニングとキッチンをつなぐようにワークテーブルを配置すれば、夕飯をつくりながら子どもの宿題を教えたり、アイロンをかけながら団欒の時間に参加したりと、リビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションが取りやすくなる。

開いている時もかっこいい壁面収納

「casa rozzo」なら、キャンプの道具たちが、そのまま家のアクセントになる。使う場所としまう場所にアクセントを持たせるという、「casa rozzo」の持つ成熟したラフさが、遊び道具まで引き立てるのだ。

リビングに備え付けの壁面収納は、開けている時も閉じている時も様になるよう設計されている。収納の奥の壁の色はインテリアのアクセントカラーで統一されており、棚板の位置にも工夫が凝らされているため、物を入れた時にぐっとお洒落な印象になる。週末のアウトドアが趣味のお父さんは、大きなバックパックやランタン、専用のダッチオーブンなどのアウトドアグッズを、料理好きのお母さんはお気に入りの器を並べる…というように、その人の趣味やコレクションを収納するだけで、一気に「見せる収納」へと変化する。もちろん、全て閉じれば、すっきりと落ち着いた室内に早変わりする。

 

飾り棚の上部に組み込まれているダウンライトが、飾るものを一層際立たせる。

また、ダイニングにもガラス戸の見せる収納がある。フィギュアや骨董、はたまたワインなどのお酒など、コレクションしているものを飾れば、インテリアにもオリジナルなあなたらしさが醸し出される。

 

casa rozzoは住む人が家のスタイルに合わせる住まいではなく、住み手の好きなものや個性をどんどん付け加えていき、スタイルを作り上げていく住宅なのではないだろうか。それも、適度にベースとなる部分はコーディネートされているため、暮らしていく中で付け加えていっても、スタイル自体は崩れにくい。家族の個性をより光らせてくれるcasa rozzoに、どんな風に自分らしさをプラスしていこうか楽しみになる住まいである。

asanan

asanan

長野県小県郡、自然は豊かだがどこへ行くにも一苦労な片田舎で育つ。

『エル・デコ』を読み漁る高校時代を経て、インテリアデザインの学校へ。

家具メーカーでインテリアコーディネーターとして務めた後、(ワーク・ライフ・バランスが叫ばれる中)ライフに120%振り切った生活をはじめる。

casa rozzo

シンプルな美しさの中に”あなたらしさ”が宿る家。

「simple but yours」住む人”らしさ”が、この家の主役です。