piatto

ユニークな間取りが特徴の平屋建て住宅「casa piatto(カーサ・ピアット)」

「casa piatto(カーサ・ピアット)」はイタリア語で「平たい家」と言う意味である。日本の気候風土に適した平屋建てを、新しい視点から見つめ直してライフサイクルに適合するようにした住宅だ。視線・動線を強く意識した作りの平屋は、平屋という言葉から連想されるイメージを覆し、家族のつながりと個々の暮らしを緩やかに連携させるものである。

家族のつながりはLDKを中心に描かれる

casa piatto では正方形タイプ、長方形タイプのいずれでもLDKを間取りの中心に設定している。そして基本プランにある3つの個室はいずれもLDKから出入りするドアを持っているのだ。なので、家族が集って食事をしたりくつろいだりすることはもちろん、個々の部屋にいたとしても常に緩やかに家族がつながっていられる。すべての部屋が同じ平面に存在する平屋は、家族の関係を強く区切らないのだ。平屋だからこそ子供が大きくなって独立した後も、いわゆる「使わない2階」が生まれる心配はない。年代が変わりシニア世代の2人暮らしとなってからも、孫を連れて子供が帰ってくるスペースは、やはりリビングに繋がる家族の空間となっている安心感がある。

天井も床もシームレスに外とつながる開放感

LDKの窓は全開口型である。天井も床もそのまま奥行きが深いアウトドアのデッキにつながっており、ひさしも深いため雨の日でも窓を開けて外の風を楽しめる。デッキ以外の軒も奥行きが1.1mあるので家自体をしっかり守れる上に、家の周囲にも心地よい環境を作り出す。夏の日差しが直接差し込みにくいので省エネにも役立つだろう。その上平屋は上階の荷重がかからないため耐震性にも優れるという側面も見落とせない。また、天井の高さが2.4mと高いだけでなく、部分的に折上を作ることで生まれる30cmの天井の段差は、落ち着いた雰囲気を醸し出している。

収納スペースの大きさが生活に余裕をもたせる

casa piatto ではプランによって最大15%もの収納スペースが存在する。個室と個室を通路でつないだウォークインクローゼットやリビングから使いやすい位置の収納など、単に収納容量を稼いだだけではなく、メリットのある位置に配されているのが特長だ。収納だけではなく窓にも大きな工夫がある。メインの全開口窓以外は、基本的に21cm幅のスリット窓が部屋の隅に設けられている。このため、間接照明のような効果が得られるだけでなく、換気しながら防犯に役立つという側面も見逃せない。

「casa piatto(カーサ・ピアット)」は費用対効果の高い住宅

このように「casa piatto(カーサ・ピアット)」は優れた機能がふんだんに盛り込まれた、新しいスタイルの平屋である。もちろん平屋の大きなメリットであるコストの低さも重要である。予算に余裕が生まれたなら、上で紹介した様々な機能を向上させるアップグレードも可能となっている。家族のライフプランに合わせて、検討する値打ちは十分にあるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。