piatto

いつまでも家族が繋がる、風通しの良い家「casa piatto(カーサ・ピアット)」

マイホームを計画する時、どのような希望や条件が浮かぶだろうか。広さや間取り、日当たりや風通しなど、こだわる部分は人それぞれだが、だいたい共通しているのは快適な生活、安全な暮らしだ。そこでおすすめなのが、コスト面やデザイン性にも優れた、casa piatto(カーサ・ピアット)という住宅である。

平屋というおしゃれな住宅

casa piatto の魅力の一つとして、平屋建てということが挙げられる。平屋は台風や地震に強く耐震性に優れており、2階が設計されていないので、勿論階段は無い。だが、子供が小さい時には転落の恐れも無く、ある程度歳を重ねても、階段の上り下りの負担が無いというメリットがある。また、日本では昔から存在する平屋は、リビングや個々の部屋、お風呂や玄関まで一つに繋がっている構造により、安心感も得られる。さらに、25坪や30坪などの、狭い敷地であっても建築は可能、casa piatto はスタイリッシュな外観も得意とするので、おしゃれなデザインの住宅を建てることもできるのである。

平屋構造で安心で快適な空間を提供

そして、casa piatto はLDKを家の中心に設計することにより、360℃あらゆる方向を見渡せるようになっている。それゆえ、子供を見守りながらの家事や、離れた場所にいる家族ともコミュニケーションを取ることが可能、いつでも誰かがどこかで繋がることができるのだ。また、1.1mという長めに設計された軒が、雨や風、陽射しから家を守る役目を果たし、雨の日でも窓を開けることができるので、梅雨の時期でも窓を閉め切る必要は無し。1年中新鮮な空気を取り入れることが可能である。そして防犯面でも、リビングを除く他の部屋には幅の狭いスリット窓を採用することにより、必要な風や光などを部屋に取り込みながらも、外からは内部が見えにくいという構造に成功している。

大収納スペースで部屋もスッキリ

また、casa piatto は家の約15%を収納スペースとして提供。余裕のある収納スペースで物が散らかる心配も無い。さらに、探し物や片付け、掃除なども、ワンフロアという平屋ながらの利点により楽に行うことができる。これは、子供がいる家庭や、多趣味の家族がいる家庭には嬉しい機能の一つである。玄関も屋根付きとなっているので、雨の日でも運ぶ物を濡らさずに移動させることができるという、便利な設計となっている。

変化に対応できる住宅

耐震性や防犯性に優れており、家族とのコミュニケーションも円滑にすることができる「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、人だけではなく自然の風通しも良く、快適な暮らしを約束する住宅である。変化するライフスタイルに対応しやすい構造は、家に手を入れる必要も無く経済的、世代を超えていつまでも快適な生活を送ることができる「casa piatto(カーサ・ピアット)」を、マイホームの一案として考えてみてはどうだろうか。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。