skip

スキップフロアを十分活用した間取りと収納が特徴の「casa skip(カーサ・スキップ)」

「casa skip(カーサ・スキップ)」は、新たな日本の住宅の形として、注目を浴びている存在だ。この「casa skip(カーサ・スキップ)」の特徴のひとつとしては、スキップフロアを活用した間取りと収納が知られている。間取りや収納に着目して、従来の住宅に対して「casa skip(カーサ・スキップ)」にはどのようにした利点があるのかを知ると、快適な生活も見えてくる。

スキップフロアを活用したcasa skip

casa skip とは、カーサ・プロジェクト株式会社が監修する住宅シリーズである。従来の日本の住宅は、技術としては世界的に見ても優れているが、寿命が短かったり、あるいは収納が少ない、空間を生かしきれていないなどといった、様々な改善の余地があることも確かだ。カーサ・プロジェクト株式会社では、住宅革命として、これらの改善点を追求していった。そのことによって誕生したのが、casa skipである。従来の住宅設計よりも、より空間を活用した設計を行いながら、かつ頑丈で長持ちをする住宅だ。

casa skipの特徴は、スキップフロアを無駄なく活用するということだ。スキップフロアとは、2,3階建ての家に見られる使われないスペースのことである。この使われないスペースを最大限活用することによって、様々な利点を生み出している。スキップフロアによって、無駄をなくした設計と機能美と強さを緻密に計算したデザインを実現している。

スキップフロアを活用した間取りで広々空間

スキップフロアを活用した間取りは、一見図面を見ただけではわかりにくいが、実際に体感してみると従来の住宅とは大きく異なることがよくわかる。casa skip ではスキップフロアを活用した空間づくりが心掛けられている。フロアの高さを半階分ずらして連続させるということがコンセプトだ。これにより実際の床面積よりも広く感じられ、壁や扉なくして緩やかな高低差によって空間を仕切ることを実現し、より広い間取りとなっている。従来の住宅設計では平面的な間取りが多い。対してcasa skip では、柔軟な間取りを目指している。

casa skip では、二つの間取りがある。三角屋根が特徴のタイプは、短い階段で4つのフロアを緩やかに仕切るというものだ。程よい距離感で、家族のコミュニケーションも多くなり、心地よい空間を実現している。もう一つはキューブ型のタイプで、家の中心に階段を設け各フロアにアプローチする構造だ。屋根までの吹き抜けは開放感をもたらす。

スキップフロアでより多くの収納を確保

casa skip の特徴であるスキップフロアの活用は、開放感と一体感のある間取りだけが利点ではない。多くの人々が悩む収納空間の問題も解決することができる。スキップフロアを活用することで、無駄のない快適な空間づくりをすることができるので、豊富な部屋と収納場所を確保することが可能だ。居住にはあまり適していない床下や天井などといった余剰空間を収納空間とするため、多くの荷物をしまうことができ、部屋の中もすっきりとさせることができる。

「casa skip(カーサ・スキップ)」の広々とした間取り

「casa skip(カーサ・スキップ)」は、スキップフロアを活用した住宅設計により、広々とした間取りを実現させていることが特徴だ。居住空間全体が緩やかにつながり、家族がどの空間にいてもその存在を感じられることができる。また、スキップフロアによって空間を十分に活用することができるので、収納も盛りだくさんだ。空間を十分に使った快適空間を実現したいならば、「casa skip(カーサ・スキップ)」がおすすめだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。