cube

大きな窓がないということが逆に大きなメリットとして働く「casa cube(カーサ・キューブ)」

あなたは窓がない住宅を想像できるだろうか?恐らく全く想像できないか、あるいはとても暗い住まいをイメージするのではないだろうか。

だが、その窓がない住宅がとてもスタイリッシュでモダンなデザインを身にまとい、室内も非常に明るく広々とした空間が広がっていたらどうだろう?正面に窓がなく、四角い住宅「casa cube(カーサ・キューブ)」は、まさにそんな住まい。世の中に四角い外観の規格住宅が増えてはきたが、その中でも唯一無二の存在と言っていいだろう。

窓がないことのメリット

casa cube は、正面に窓がなく、側面に縦に伸びる細長いスリット窓のみが設置されている。大きな窓がない場合に心配される採光は、天窓(トップライト)から取ることで、非常に明るい室内環境になっている。これは多くの家が立ち並ぶ住宅街などにおいて、プライバシーの確保や防犯性という面で大きなメリットとなる。むしろ、大きな窓のないcasa cube は、都市型住宅としての最適解という気もしてくる。

断熱性能が高まる

窓による放熱の効果が少なくなるので、実はこの方が快適に室温をコントロールできるのも大きなメリット。実は窓が大きな部屋というのは、昼間は暑くて、夜は寒いという事になってしまう。例えば、窓側が凄く寒く感じたり、カーテンを開け放つとエアコンの効果が大きく減退してしまったりする。窓の放熱の影響は意外に大きく、これに気付いている人も結構多いだろう。

窓がない、あるいは小さいということは昼も夜も快適な温度で過ごす事が出来る大きな要件にもなり得る。日当たりの良い昼間の極めて条件での家づくりを考えてしまい、大きな窓を下手に設置してしまうと、こうした断熱性能の点を見落とすこともあるから注意が必要だ。

構造的な強度も高まる

更には窓が壁になるので、壁の量が増えて必然的に強度が上がるということにつながる。大きな窓がある住宅で同様の構造的強度を獲得しようとすれば、どこかに構造的な柱や壁を確保することが必要になるため、これが大きく室内空間を狭くしてしまう。これら柱や壁は機能的に不要な場合が多く、室内空間として無意味なものになってしまいがちだ。大きな窓の分壁量が確保できれば、室内に無駄な柱や壁が露出してこないので、室内空間を広くとることがでる。これは狭い日本の住宅事情の中では非常に重要なことだろう。開放的で大きな窓というのは魅力的に思うこともあるが、構造的にはデメリットなのだ。

 

「casa cube(カーサ・キューブ)」であれば、大きな窓がないということが逆に大きなメリットとして働くのだ。四角い外観で正面に窓がない「casa cube(カーサ・キューブ)」をマイホームとして検討してみてもおもしろいかも知れない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家