sole

24時間快適で経済的な暮らしを実現する「casa sole(カーサ・ソーレ)」に住み続けたい価値。

「住み続けたい」と思える家とはどんな住宅を想像する。新しい家で暮らし始めた当初は、高い買い物だから当然それなり満足するのが当然。だが例えば、家を建てて10年後や20年後、30年後に「自分たちの選択は正しかった」と誇らしく言える家族はどのくらいいるだろうか。

あなたが正しい選択をするために知っておいて欲しい住宅が「casa sole(カーサ・ソーレ)」だ。その「casa sole(カーサ・ソーレ)」の価値とは何なのだろうか。

高気密・高断熱で24時間快適

casa sole は、ダブル断熱工法を採用していて、高気密・高断熱の非常に性能の高い住宅である。ダブル断熱工法とは、建物の構造体である柱の外側にも断熱材を張ることで 家全体を断熱材で覆い、すき間を無くして気密性を高め、内断熱と併用する工法である。これにより、まるで魔法瓶のように「室温を守る」家を実現している。

また、24時間換気システムにより熱気や湿気を効率的に排出し、常に室内に新鮮な空気が流れるようにしてくれる。カビや結露の発生も防ぐことができるのも快適さの秘訣だ

経済的な暮らしを実現

太陽光発電パネルとオール電化を標準装備しているcasa sole は、無理なくエコな生活を手に入れられる住宅である。傾斜角度30度の太陽の光をもっとも効率的に取り込むように設計された屋根と太陽光パネルが、発電した電気をムダなくエネルギーに変換し、生活に必要な電気を作り出してくれる。

また、使用しない電力を売ること、逆にいわゆる「売電」で収入を得ることができ、年間の光熱費を一般的な住宅のおよそ1/3に抑えられ、長期的に経済的な暮らしを実現する。

「casa sole(カーサ・ソーレ)」に住み続ける価値とは!?

仕切りのない大きなワンルームの2階部分を持つcasa sole は、もともと構造そのものが堅牢。暮らし方や住む人に合わせて、間仕切りパネルを増やして部屋を増やしたり、一度増やした間仕切りを減らしたりと、間取りが何度でも変更可能だ。開放感もプライバシーの確保もフレキシブルなところは、casa sole に住み続ける大きな価値である。

 

太陽光発電を標準装備にした「casa sole(カーサ・ソーレ)」に住む家族は、世代を超えて200年住み続ける価値のある家を手に入れている。その家族は「自分たちの親は賢い買い物をした」と自分の子世代が思ってくれる正しい選択をしたのだと言える。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。