realestate

不動産投資の新しい手法!一戸建てを建てる戸建賃貸住宅の時代が来た!

不動産投資はアパートやマンションの経営が主流だった。しかし時代とともにそれは大きく変わりつつある。アパートやマンションが飽和状態となりつつある今、戸建賃貸住宅の需要が増えつつあるのだ。では戸建賃貸住宅は、アパートやマンション投資とはどのような点が違うのか。そして一戸建て住宅の魅力とはどこにあるのか。

アパートやマンション経営のデメリット

アパートやマンション経営は不動産投資の主流だった。日本全国各地で土地を所有する地主が、相続税対策で大きなマンションを建てたりすることが多かった。サラリーマン大家なるものも登場し、中古のアパートなどを購入したりする投資法も流行した。しかしアパートやマンションは、必要以上に建てられてしまい、空室率は上昇するばかりである。そして空室に悩まされ、金融機関からの借入金の返済に窮している大家も多いのが実状である。不動産投資は需要と供給のバランスが取れて成り立つものである。アパートやマンションは乱立しており、完全にそれが崩れているのである。

戸建賃貸住宅のメリットとは

そのようなアパートマンション乱立状態の中で、どのような不動産投資法が有効なのであろうか。その答えが戸建賃貸住宅なのである。戸建賃貸住宅は、アパートやマンションなどの集合住宅とは違い、他人と部屋を接することがない。そのために木造アパートなどでありがちな、騒音問題などのトラブルを、避けることが出来るのが魅力の一つだ。入居者がファミリー層の場合、アパートに住んでいると騒音が気になって、子供をのびのびと育てることが難しい場合がある。しかしその難問を戸建賃貸住宅はいとも簡単に解決してくれるのだ。それ以外にも庭がついていたり、駐車スペースがある戸建賃貸住宅も存在する。

入居者はファミリー層が多い

戸建賃貸住宅の入居者は、基本的にファミリー層が多い。なぜならば単身者は、戸建賃貸住宅のような大きな家はあまり必要ないからだ。入居者がファミリー層の場合には大きなメリットがある。それは学生などの単身者よりも、長い期間住んでもらえるという事だ。そのため大家にとっても、安心して戸建賃貸経営をすることが可能なのである。

入居者に喜ばれるのが戸建賃貸投資の魅力

出来る事なら広々とした家に住みたいと思う人は多い。アパートなどでは、ほかの部屋と接しているためにそれが難しいことがある。それを解決してくれるのが戸建賃貸住宅である。それは入居者だけではなく、大家にとっても末永く安心して経営が出来る、安定した不動産投資法なのである。これからの不動産賃貸は、戸建賃貸住宅の需要が大きく伸びてゆくであろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。