piatto

「永年満足」をコンセプトに持つ平屋の住宅「casa piatto(カーサ・ピアット)」

「平屋っていいよね」と言う人が増えている。平屋は日本古来の住まいであり、地震の多い日本で耐震という視点からも日本の風土に適しているし、どこか懐かしい感じもあり、馴染みやすい。

「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、そんな平屋の住まい。だが、その特徴は平屋であると言うだけではない。全てに「意味のある」デザインを採用したこれからの平屋住宅である。

「永年満足」がコンセプト

平屋の住宅の中でも、ひとりでも、ふたりでも、家族でも、ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる家がcasa piatto だ。casa piatto は、どんな家族の単位でも居心地のいいつくりになっている。リビングからベッドルーム、浴室や洗面所、トイレもすべてが平らにつながり、動線が非常にスムーズ。住まいと目の前の庭もゆるやかにつながっている。四季折々の表情を楽しむ日本の暮らしにもよく馴染みむのがcasa piatto だ。

いつまでも居心地がいい住まい

新しく家を建てるというときは、おおよそ結婚や出産など、何かしらのライフイベントをきっかけにする人は多い。例えば、夫婦2人で住み始めても、程よいサイズ感と暮らしやすさなのがcasa piatto だろう。それは子育て世代にもシニア世代にも当てはまる。

子供が生まれてもcasa piatto ならのびのび暮らせる。キッチンやリビングから全ての部屋がつながっているから、小さい子供の気配を常に感じられるので安心。

子供が成長して、賑やかになって、走り回わる年頃になっても、庭と一帯になったような住まいのcasa piatto なら元気な子供に育つはず。家族が一緒に暮らすことが楽しくなる住まいだから、あたたかい家庭になる。

やがて子供が巣立って行って、夫婦2人の生活に戻る。それでも大き過ぎない平屋の住まいは、穏やかな生活を送るのにはちょうどいい。

casa piatto は、いつまでも居心地がいい住まいなのだ。

現代的な平屋の住宅

「piatto」はイタリア語で「お皿」という意味がある。casa piatto は、4人家族でも十分な広さと家族のつながりを重視した間取りを持っていて、その平屋の中でスムーズな動線が確保できる。もともと地震に強い平屋だが、casa piatto では、建築基準法の1.5倍の壁量で耐震性も優れている。大きな軒を持つフラットな屋根が特徴的なcasa piatto は、地面に根付くような外観のデザインも魅力的。諸室のスリット窓や天井部のスリットなど、ディテールにまで凝ったシンプルなデザインを持つ、現代的な平屋の住宅である。

 

「casa piatto(カーサ・ピアット)」の「永年満足」というコンセプトは、日本人の暮らしに非常にフィットする考え方である。これからも注目が集まる平屋住宅の中でも、類い稀な存在であることは確かだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。