casita

25坪から賃貸経営がはじめられる戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」の魅力。

戸建賃貸住宅の需要が今後増えて行く中で、供給数が少ないため希少性も高く、空室リスクも低いのが戸建賃貸住宅。その中でも近年人気を集めている「casita(カシータ)」は、1棟あたり25坪以上の土地があれば気軽に賃貸経営がはじめられる住宅だ。コストパフォーマンスにすぐれ、高利回り期待でき、貸す人、借りる人、すべての人が恩恵を受けられるようになっている。

その戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」の魅力とはどういうところにあるのだろうか。

デザイン性の高さ

casitaの外観は、日本中のどこに建てても違和感がなく、その街の風景に溶け込み、美しい街並みを作るようなデザインだ。複数棟建てることを前提に考えられているから、住まう家族は違っても一つの街のように、コミュニティが形成されるように考えられている。

casitaでは窓が必要最小限になっていて、適材適所に必要な面積だけ配置している。窓を大きくしなくても、昼間は照明をつけなくていいほど十分に部屋を明るく照らしてくれる。

女性目線の設計

「女性目線」という点がcasita の魅力。家事を多く担う女性が持つこだわりを尊重し、緻密に計算された家事動線や大容量の収納、色々な家具とコーディネートしやすいインテリアなど、女性目線を大切にした設計が大きな特徴である。

また、水周りも充実。ホテルライクな洗面所やトイレ、バスルームなど女性が喜ぶつくりになっている。

選べる3つのプラン

casitaでは、「ルーフトッププラン」「ガレージプラン」「マスタープラン」の選べる3つのプランを用意。

屋上テラス「COLORS」を搭載した屋上テラス付きルーフトッププランは、アクティビティを心置き無く楽しめ、リゾート感覚のライフスタイルを送ることができる。

ガレージプランは、広々ガレージに車以外のものも置ける、充実の1LDKや2LDKで開放感が最大限活かされている。

標準的なマスタープランは、持ち家感覚の快適さを大切にした3LDKプランが嬉しい。

充実した設備

幅1950~2550mmとゆとりのあるキッチンにはIHコンロ3口とグリルを搭載。バスルームも広さは1坪もあり、足や肩まわりも伸ばしてゆったりと入浴が可能。他にも、ホテルライクな仕様とデザインで統一された洗面所や暖房機能付きの便座を備えたトイレ、各部屋の大容量の収納など充実した設備群が魅力を高めている。

 

「casita(カシータ)」の魅力は、そのクオリティの高さ。デザイン性や女性目線の設計、3つのプランが借り手を惹きつけ、さらに高性能で充実した設備がある。このことから、他の賃貸住宅と比べるとその差は明らかだ。戸建賃貸住宅で賃貸経営を始めてみようと思う人なら絶対に検討した方が良いと言っていいだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。