casita

住宅ローンではなく事業ローンで建てることができる戸建賃貸住宅のインカム住宅

不動産投資を将来的な資金を確保するために考えている人は数多くいるが、具体的にするとなるとどのように行えばよいのかと悩む人は多い。不動産自体が高価な買い物であるからこそ、安易に手を出すことができない。そのように不動産投資に二の足を踏んでいる人にとっても役立つ不動産投資のひとつである戸建賃貸住宅のインカム住宅について紹介する。

戸建賃貸住宅とマイホームのインカム住宅とは

インカム住宅とは、単なるマイホームの建築でも戸建賃貸住宅の建築でもない。マイホームと戸建賃貸住宅の両方を建てて、自宅を確保しつつ賃貸収入を得るというものだ。マイホームと戸建賃貸住宅を別々の建物ではなく同一の敷地内に建てる2棟立てのことをインカム住宅と呼んでいる。家賃収入を得ることができているため、不動産投資の一種でもある。マイホームを購入する際には、おおよその場合住宅ローンを組むことになるが、その住宅ローンも発生する家賃収入から支払うことができるので、非常に合理的かつお得にマイホームを得ることが可能だ。

戸建賃貸住宅は建てやすい

家賃収入によって不動産投資をするのならば、インカム住宅でなくてもよいと考える人も多いが、マンションやアパートの建築よりも戸建賃貸住宅は様々な面でお得である。賃貸収入による不動産投資の多くは、アパートやマンションではあるが、アパートやマンションは駅から近いなどといった付加価値がなければなかなか人が入らない。また、入ったとしても学生などの単身者がほとんどで、定着率は低い。せっかく建てても人が入らなければ収入にはならないことが多い。その点、戸建賃貸住宅はひとつひとつの賃貸物件が広く、基本的には家族向けの賃貸だ。家族向けの賃貸物件ならば、立地条件も厳しくないことから建てやすく、転居率も低いため、家賃収入が入りやすい。

事業ローンを組むこともできる

マイホームを建てる場合、基本的に組むことができるローンは住宅ローンである。しかし、インカム住宅を建ててマイホームと戸建賃貸住宅を合わせて建てれば、住宅ローンではなく事業ローンを組むことも可能だ。事業ローンは、住宅ローンよりも金利が高いというデメリットはあるものの融資額が住宅ローンの10倍から20倍というメリットがある。加えて、住宅ローンの審査は個人の収入に依存するが、事業ローンを組む場合には個人の収入と家賃収入を換算するので審査も通りやすい。

インカム住宅でマイホームと将来の安定を

インカム住宅は、様々な面でメリットのある不動産投資だ。マイホームを手に入れることができることはもちろん、アパートやマンションよりも入居率の高い戸建賃貸住宅を手に入れることができる。建てる際に組むローンも、住宅ローンではなく事業ローンを組むことができるという点でもメリットがある。お得にマイホームを手に入れて、将来的な安定を手に入れたいのならば、インカム住宅はよい選択肢だといえるだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。