realestate

一戸建て住宅で不動産投資をする!戸建賃貸住宅経営のメリットとは?

アパートやマンション経営よりも利回りが良く、土地の形に関係なく建てられるとされている戸建賃貸住宅。家賃収入の額も大きく、需要も高まっていることから注目を集めているのだ。既にある一戸建てを活用する方法だけでなく、新しく一戸建てを建てて賃貸経営をする方法もある。そこで空き地の有効活用の方法としても選ばれている、戸建賃貸住宅の経営について解説する。

戸建賃貸住宅の不動産投資とは?

戸建賃貸住宅の不動産投資とは、所有している土地や一戸建てを活用して賃貸収入を得る投資方法だ。以前は中古の一戸建てなどを利用して賃貸経営を行うことが多かったが、不動産投資用に低コストになるようにパッケージ化した資産運用のサービスなども誕生している。新しい資産運用や土地活用として、様々なサービスがあるのも特徴だ。

一戸建てを既に所有していて、不動産投資を始めるためにはまず管理会社を決め、管理会社に入居者募集や家の管理を依頼する。管理会社と相談しながらリフォームはするべきなのか、家賃の金額などを決めるのだ。特に家賃の値段は近くの賃貸マンションの家賃や駐車場代などを参考にすることも大事である。まだ土地や建物を所有していない場合は土地や建物を購入してから、管理会社などに依頼することになる。

戸建賃貸住宅の経営のメリットとは?

戸建賃貸住宅の経営の一つ目のメリットは、長期の安定した家賃収入が見込めることだ。同じ賃貸経営でもアパートやマンションに比べると入居期間が長くなる傾向にあり、長い間家賃収入が期待出来るのが魅力である。入居者も単身者ではなく家族で入居することが多いことから、長く住んで貰えるのだ。

利回りが良いのもメリットの一つである。アパートやマンションの場合らキッチンやトイレ、お風呂などを各部屋に設置する必要があるが、戸建てはいくつも設置する必要がない。建設費用が抑えられ、無駄な費用を掛けずに経営を始められるのだ。土地を最大限活かせるのも、戸建て賃貸住宅の良いところである。所有している土地がとても狭く、変わった形をしていても一戸建てなら対応することができ、土地の価値を活かして経営出来るのだ。

賃貸経営で注意したいポイント

空室のリスクを常に考えておくことも必要だ。一戸建ての不動産投資では空室になると家賃収入がゼロになる。万が一空室になってしまったときのために家賃保証があるサービスを利用したり、退去者に次の入居者を紹介して貰うようにする。

一戸建てを建てる場合は、シンプルな造りにすることも重要だ。シンプルな造りなら入居者がインテリアなどで自由にアレンジすることも可能だ。コスト観点からもシンプルにすれば投資費用を抑えられ、無駄なものにお金を掛けなくて済む。

安定した経営が出来る戸建賃貸住宅

戸建賃貸住宅はライバルが少なく、需要もあることから安定した経営が見込める。投資額も少なくすることもでき、立地に左右されないのも嬉しいポイントだ。入居者の数も限られているので、しっかりケア出来るのも一戸建ての良いところである。経営をスタートする前にはメリットとリスクをしっかり理解し、計画的に始めることも大切だ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。