resort

「casa sky」誕生秘話インタビュー・2人だからこそ実現できたローコストかつ贅沢な屋上空間!

「casa sky」の誕生秘話について全4回に渡り、株式会社 the HOUSE代表の梅村和利氏と、株式会社PASIO代表の岡崎富夢氏にお話を伺っているインタビュー。第2回目の今回は、共同で商品開発をしたからこそ実現した協業のメリットについて伺った。

【梅村和利】株式会社ザ・ハウス (the HOUSE) 代表取締役。1972年生まれ。大学の経済学部を卒業後、税理士事務所やプラント関連の建設会社勤務などを経て、2004年、新栄クリエイト(現・株式会社ザ・ハウス)を創業。「本物の環境にやさしい家」を目指してブランド「the HOUSE」を立ち上げ、100棟を超える住宅の設計、建築、リノベーションを行う。また、戸建賃貸「casita」を開発し、そのコンセプトと住宅としての性能の高さが評価され、2012年より本格的に全国販売が開始される。

【岡崎富夢】1977年1月23日、山口県出身。株式会社PASIO代表取締役。日本に「ラグジュアリーテラス」を広め生活を豊かにしたいとの思いから株式会社PASIOを創業、住宅用屋上テラス「COLORS」の開発・販売・施工を行う。

リーズナブルな価格でスカイバスを実現

__「casa sky」の開発経緯や、協業だからこそ実現できたことを教えていただけますか。

富夢:まず、僕は他の工務店さんとの出会いだと開発に至っていないと思うんです。 「casa sky」は梅村さんとでなければ実現しなかった。というのも、梅村さんから「casita」の価格を聞いた時、衝撃だったんです。

実は「casa sky」は、最初は「casita」に「COLORS」を搭載して販売をしようという話でした。 そこで、注文住宅にするには設備面などをもう少し良くしようかって。

他の工務店さんと組んでいたら、この金額では収まっていなかったと思うんですよね。もともと1500万円代でジャグジー付きで買える価格を絶対守ろう、というのは開発当初からありました。

屋上テラスに設置されているスカイバス。夏は屋上プール、冬は露天風呂として楽しめる。

梅村さんが「casita」の開発で培ったコストダウンのノウハウを持っていて、本当に必要なものだけをちゃんと残すバリューエンジニアリングをしてくれたから実現しました。

他の工務店と組んでいたら、この価格は実現できなかったし、コンセプトがぼけていたと思います。

「所有」と「利用」の両方で価値を最大化する

__梅村さんは、富夢さんとの協業はいかがでしたか。

梅村:富夢さんは僕と組むべきだと思った瞬間があって。富夢さんは日本の屋根を全部、屋上テラスに変えるというのが、野望であり願望なんですよね。

富夢:全部ではないけどね。(笑)

梅村:それまでの富夢さんのアウトプットを見ていくと、 今からどんどん建っていく賃貸は変わらない、そこに対するソリューションが富夢さんの中にはその時はまだ無くて。

富夢:意識がなかったね。

梅村:今のままでいくと日本の持ち家の何割かは「COLORS」になるかもしれない、ただ賃貸の屋根は持ち家と同じように「COLORS」に変わっていかないから。「賃貸」と「持ち家」、「所有」と「利用」という両方でこのライフスタイルがもっともっと広がっていかないと価値が最大化できないよね、というところで運命なのかなと思いました。

また、「casita」のノウハウ、特にコストダウンだったりネットワークを「casa sky」の商品化のコアな部分として活用できたりとか、必然だったと感じています。

僕が好きとか嫌いではなく、世の中のためになくてはならないものをつくる、義務感とか使命感が一番ですね。

逆に言うと、僕らが知恵を絞ったり、広めていかないと、1500万円台でラグジュアリーテラスやスカイバスが付いた家に日本の人が住めない。

富夢:絶対無理でしょうね。まだまだ認知が足りませんが、すごいソリューションを出していると思います。 どこかの段階で、もっと売れてくるんじゃないかな。

梅村:50社くらいでブレイクスルーするんじゃないですかね。 建ったところは、普通の一般住宅よりも反響がありますしね。 体験型、感動型、アトラクション型といわれるモデルハウスや企画住宅なので。

富夢:そうだね。モデルハウスを見た一般のお客様からも注文があったり。 あとは「casita」でも3棟くらい「COLORS」を搭載しているよね。

梅村:COLORSを採用しているあるハウスメーカーさんのケースで、40%くらいが屋上搭載型を選んでくださっていて。 おそらく最終的には、それぐらいの搭載率に持ち家もなっていくし、その後賃貸もそうなっていくのではないかと思います。


お互いに協業していなければ「casa sky」は生まれていなかったという岡崎富夢氏と梅村和利氏。

屋上のあるラグジュアリーな住宅が1500万円代で手に入る背景には、お2人のラグジュアリーテラスを広めたいという強い想いとバリューエンジニアリングがあったからこそリーズナブルに提供できたのだろう。次回は、屋上を中心とした家づくりについてお話しを伺う。

asanan

asanan

長野県小県郡、自然は豊かだがどこへ行くにも一苦労な片田舎で育つ。

『エル・デコ』を読み漁る高校時代を経て、インテリアデザインの学校へ。

家具メーカーでインテリアコーディネーターとして務めた後、(ワーク・ライフ・バランスが叫ばれる中)ライフに120%振り切った生活をはじめる。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。