skip

簡単5ステップでできる!理想の家づくりをかなえる「casa skip(カーサ・スキップ)」

casa skipは、高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。壁を設けないその造りから、家族が自然とつながる家となっている。

また最大限無駄を省き、床下や天井の上などの余剰空間を最大限利用。都会の限られた土地の中でも、家をまるごと使い切ることで無駄のない家づくりを実践しているのだ。

そんなこだわり溢れたcasa skipだが、実はステップ1〜5までの質問に合わせて答えを選んでいくだけで、好みの家が容易に建てられる。家づくりの過程を見ていこう。

1.好みに合わせて△か□かを選ぶ

casa skipには、△と□の2つのカタチがラインナップ。この2つは外見が違うだけでなく、間取りのプランも異なる。

建てる土地を選ばず、様々なライフスタイルにもフィットするよう、計算し尽くされた美しい2つのカタチ。自分の好みや暮らしに合わせてチョイスしよう。

[00]タイプ

三角屋根がシンボルの[00]タイプ。短い階段で4つのフロアを交互に結んだ変化に富む構造になっている。

フロアの高低差が空間をゆるやかに間仕切り、程よい距離感を生むことで家族同士が心地よくつながり、家族のコミュニケーションや絆を育みやすい設計。

[01]タイプ

シンプルなキューブ型の[01]は、家の中心に設けた階段を通って各フロアにアプローチする構造。屋根まで届く大胆な吹き抜けが爽快な開放感をもたらすとともに、家全体を1つにつなげる。

お気に入りの音楽をかければ、家がそのままコンサートホールに。

2.敷地に合わせて正方形か長方形かを選ぶ

△か□かを選んだら、次は、敷地の広さや形状に合わせて、正方形か長方形かを選ぶ。

正方形は最少単位の1間を基準とした、4間×4間の間取りで、間口が広く、奥行きが浅いタイプ。長方形は、3間×5間の間取り。間口が狭く、奥行きが深いタイプ。

どちらのタイプも、都会の狭小地や住宅密集地に対応できるコンパクトさだ。

3.地域に合わせてルーフデッキの有無を選ぶ

次は、近隣状況やライフスタイルに合わせて、ルーフデッキの有る無しを選択。もし敷地に余裕がなくて、周囲に気兼ねすることなくプライベートを楽しみたい場合には、ルーフデッキをプラスしても良いかもしれない。

4.道路に合わせて玄関の向きを選ぶ

次は、敷地の接道状況によって、家の入り口である玄関の向きを選んでいく。casa skipは、それぞれのタイプごとに、北玄関と南玄関の2種類を用意。

土地が前面の道路とどう接しているのかや日照などに合わせて、より自然で無理のないプランを選ぶ。この時、できれば道路からの建物の見え方も考慮した方が良いだろう。

南北どちらの向きを選んでも、基本的なライフスタイルは変わらない。

5.全ての要素が決まったらコダワリをプラスする

casa skipでは、各所の仕様や部材、建具、パーツなどを掲載した「MATERIAL BOOK」を用意。

MATERIAL BOOKには、casa skipのためにオリジナルで設計・開発された、オシャレな建具や部材、パーツが豊富に揃えられている。より美しい暮らしのために、細部にまでこだわって選ぼう。

快適と安全にこだわったマテリアル

またcasa skipのマテリアルも、注目ポイントのひとつ。化粧柱や化粧梁に使用している塗装材は、オスモカラーを採用。これはひまわり油・アザミ油・カルナバワックス・カンデリラワックスといった自然の植物脂と植物ワックスからできている。

厳しい安全基準をクリアし、赤ちゃんのおもちゃにも使用されているほど安全な塗料だ。

また、塗り壁調の真っ白な壁紙は、ホルムアルデヒドの放散レベルが最も低いものにつけられる「F ★★★★(Fフォースター)」を取得。無垢のフローリングは、高級材のひとつであるオーク材を使用。環境的に安全なのはもちろん、落ち着いた空間を演出している。

好みの家が簡単5ステップで

スキップフロアを設けることで空間を広く見せ、家族が自然とつながるようにしたり、都会の狭小地でも広く使えるよう無駄を一切省いたりなど、多くの工夫が施されているcasa skip。

一見建てる際にも工程が多いように思うが、5つの簡単な質問に答えるだけで建てられるとは驚きだ。ぜひ、理想の家づくりを体験してみてほしい。

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。