carina

かわいく賢い南欧風の住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」の3つのプラン例。

南欧の邸宅をイメージした商品住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、無垢材や漆喰、テラコッタを使ったナチュラルテイストの家だ。一目見たら気にいるだろうナチュラルテイストのインテリアと高い断熱性能や高い気密性、持続する遮熱性など機能性が心地良い家が家族の暮らしを作る。そんなかわいく、賢い南欧風の住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」の3つのプラン例を紹介。

延べ床面積30坪の標準的なプラン

夫婦2人+子供2人の日本の一般的な4人家族を想定した、casa carinaの延べ床面積30坪と十分な広さの標準的なプラン。家にいる時間が最も多いであろう奥様を中心に設計されている。

料理や洗濯、お風呂などの家事動線を有機的につなげ、効率よく育児や家事ができるようになっている。奥様の家事の負担を軽減し、子育てのしやすい女性に優しい間取りだ。

2階は主寝室に大きなバルコニーも設置され、各部屋には十分な広さのクローゼットが装備されている。

将来的に分割した子供部屋を作ることを想定したプラン

次に紹介するのがcasa carinaのプランの中でも自由度の高いものだ。広々としたリビング・ダイニングとそこにつながる機能的なキッチンは家族のコミュニケーションが取りやすい。

 

小さい子供がいるとき、子供どうし一緒に過ごす子供部屋として部屋を広く使う。 子供が大きくなるなど、必要に応じて将来的に分割した子供部屋を作ることが想定されている。子供の成長やライフスタイルの変化に合わせてフレキシブルな対応ができるタイプの間取りだ。

和室を設けたプラン

和室が欲しい家族のために、casa carinaに4.5帖の和室を設けたプラン。

機能的にまとめられた水回りとリビングに接する和室が特徴的。

またリビング階段にすることで、2階の諸室に移動する人がわかる。

家族間のコミニュケーションがとりやすいく、「いってきます」「行ってらっしゃい」など夫婦や親子の会話が自然と生まれる間取りだ。

 

かわいく賢い南欧風の住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、かわいいインテリアデザインや優れた機能性はもちろんだが、そのプランもしっかり考えられているのがわかる。そのため、デザインやスペックで選んだからと言っても、住んでみて使いにくいなどということはないだろう。将来的なライフスタイルの変化にも対応するプランも用意されているので安心だ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました