「casa liniere(カーサ・リンネル)」と石井花苗が提案する北欧風ていねいな暮らし

女性をターゲットにした情報誌を手掛けるリンネルと欧風住宅を手掛けるカーサカリーナがコラボレーションしたのが「casa liniere(カーサ・リンネル)」だ。「casa liniere(カーサ・リンネル)」はオシャレで機能性重視、長い冬を心地よく過ごすことに長けた北欧のデザインを取り入れた住宅である。他人が真似できそうで真似できない心地よい空間づくりに定評のある石井香苗が加わり、丁寧な暮らしができる住宅として話題となっている。

casa liniereの心地よさはシンプルな住みやすさ

ていねいな暮らしや住まいに心地よさを求めるのならば、casa liniereはおすすめだ。大きな窓と開放的なリビング、木の温もりをベースとした明るい空間は、住む人にくつろぎと安心感を与える。それぞれのプライバシーを大切にしながら家族の様子が感じられる間取りや、のびのびとした空間で人が心地よく集えるような配慮がなされている。また、森の中にいるような家を目指す北欧の考えに基づき、部屋に太陽光を取り入れたり、風通りを重視したりと家の中にいても自然を感じられるつくりとなっている。casa liniereは、住めば住むほど家に愛着が湧き、時間が経っても落ち着いて過ごせる住み心地の良さが追及されている。

北欧と和の要素を取り入れたデザイン性

石井花苗がデザインする今回のこだわりは、広い玄関と土間である。ゆとりある玄関は外から持ってきた趣味の物を置いたり、来客と立ち話をする空間になったり、子供たちの遊び場などフリースペースとして大活躍だ。玄関から部屋へ入ると壁は白を基調とし、床は木目調で家全体が統一感のあるものとなっている。レトロでお洒落な北欧風住宅のインテリアには、角がないものが多く使用されており、全体的にやわらかい雰囲気なのが特徴である。使いやすさを重視したデザイン性により、主婦には嬉しい配慮がなされている。まず、家事が効率よくこなせるよう、家事導線は無駄に動かなくてもよい設計となっていたり、キッチンは収納性が高く、料理をしながらでも子供の様子を見ることができるようになっている。家族構成の変化に対応しやすかったり、その家独自の物が置けるようなフリースペースが多めに取られているなど、シンプルながら個性を出しやすい家のデザインとなっている。

住み心地の良さは機能性とともに

casa liniereの特徴の1つに、機能性が良い家であるということが挙げられる。素材にこだわりを持ち、寒い北欧で暮らしたとしても快適に暮らせるほどの高気密と高断熱性を備えている。1年中家の中で快適に過ごすことができ、必要以上にエアコンを使用しなくてもよい省エネ設計となっているのも魅力だ。また、夏が暑い日本の風土に合わせるため、窓はペアガラスを使用し、空調と結露防止に役立っている。掃除がしやすいオーク無垢材の床や天気を気にせず洗濯物が干せるランドリスペースは、花粉症のある人や共働きの夫婦にはとても助かる設備だろう。

心地よく住み続けられる家は「casa liniere(カーサ・リンネル)」で叶える

豊かな自然や家族の優先度が高いといった文化を持つ北欧の知恵をベースに、日本で心地よく過ごすためにデザインされた「casa liniere(カーサ・リンネル)」は商品住宅でありながら余白を持ち、家庭それぞれの個性を魅力にできるような工夫がなされている。子供の自立で家族の形が変わったとしても、変わることなくあり続ける心地よい家が「casa liniere(カーサ・リンネル)」である。