yadokari

大麦畑で自分を“整える”。マヨルカ島の高床ルーム「Grooming Retreat」

via: archdaily.com

原生林と野生のオリーブの木に囲まれた一面の大麦畑のなかに、現代アートのインスタレーションのような不思議な建物が立っています。鳥の巣のようないくつもの細い木材の上には、白い繭(まゆ)のようなお椀型のスペースがあります。このすぐにも壊れそうな高床式の建造物は、一人で自分を“整える”ための休息所としてデザインされました。

via: archdaily.com

猫や犬などの毛皮をまとった動物たちが、セルフグルーミングで毛づくろいをするのには、心を落ち着かせるためという理由もあります。「Grooming Retreat」と名付けられたこのプロジェクトは、家族の農場を引き継ぐために都会から戻ってきた、若い女性研究者のために設計されました。クライアントは、人間にも動物と同じように、セルフグルーミングを行う心が落ち着く場所を望んでいました。

via: archdaily.com

マヨルカ島南部サンタニーにある「Grooming Retreat」は、スペインの女性建築デザイナー、マリアナ・デ・デラス(Mariana de Delás)と、ノルウェー・オスロの建築スタジオ、ガートナーフグレン・アーキテクツ(Gartnerfuglen Arkitekter)によるコラボレーションプロジェクト。乗馬の前後に馬をグルーミングする儀式にインスピレーションを受けて、心と身体を“整える”ためのユニークなデザインが考えられました。

via: archdaily.com

「Grooming Retreat」は、乗馬の到着から始まります。馬用の水タンクと飼いばおけのある場所で、最初に愛馬のグルーミングの儀式が行われます。

via: archdaily.com
via: archdaily.com

そして、平均台のような細く長い木板の小路を、地上のリズムを感じながらゆっくりと歩いていきます。

via: archdaily.com
via: archdaily.com

3 x 3mのフットプリントの一人用グルーミングルームには、はしごを伝ってフロアのハッチを開けてアクセスします。「Grooming Retreat」では、馬のグルーミング、木の板でのウォーキング、はしご登り、人間のためのグルーミングが、一連の儀式としてセットになっています。

via: archdaily.com
via: archdaily.com

地元の木材フレームで作られた構造の上には、半透明の白いネットフレームで囲まれた、繭(まゆ)のようなフローティングルームがあります。

via: archdaily.com

内部には、ランドスケープを感じながら心を整えるアウターコーナーや、身体を整えるインナーコーナーが、障子のような薄いレイヤーでゆるやかに区分されています。ここで瞑想やストレッチなどを行い、早朝に顔を洗ったり、農作業のはじめや合間に朝食やランチを摂ったりします。

via: archdaily.com
via: archdaily.com

眠れない天候の良い夜には、フローティングルームにこもって、穏やかに一夜を過ごすこともできます。

via: archdaily.com

「Grooming Retreat」のデザイナーのデ・デラスのドローイングは、アートのような素晴らしい美的センスです。

via: archdaily.com

「Grooming Retreat」の内向的で壊れやすい要塞は、現代の都市生活者の心を薄いベールで隔離します。地中海のバレアレス諸島と、広大な大麦畑を一望するパノラマビューのプライベート空間は、日常生活のストレスから解放されて、人に自信を回復させてくれることでしょう。

via: archdaily.com

ウェルビーイングを、動物のセルフグルーミングから捉え直すというアプローチは、考えてみるとごく自然なことのように思えます。忙しい都市生活者は、心や身体の状態にもっと素直に耳を傾ける必要があるかもしれません。自分自身の状態をていねいに“整える”ことができれば、人に対しても優しくなれそうです。

Via:
archdaily.com

YADOKARI

YADOKARI

YADOKARIは、スモールハウス/小屋/コンテナハウス/タイニーハウス/ミニマルライフ/多拠点居住を通じ、暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。