carina

「casa carina(カーサ・カリーナ)」それは南欧風で魅力的なデザインを持つ家

「casa carina(カーサ・カリーナ)」は外観がとても優れた家である。南欧風のオシャレなデザインが温かさを感じさせて人を魅了する。日本にはない南欧風の特徴が多くの人の心を奪っているのだ。

間取りに関しても自由度が高く住む人に快適な空間を提供している。一人一人その生き方は千差万別だ、同様に家族のライフスタイル全然違う。しかし、「casa carina(カーサ・カリーナ)」そのライフスタイルに合った住まいを提供している。

casa carina、その外観の魅力

casa carina(カーサ・カリーナと読む)のその南欧風デザインは全体的に温かみと優しさを感じさせる外観を持っている。それには秘密があるのだ。その1つは天然のスイス漆喰を利用していることである。スイス漆喰の性能というのは太陽の紫外線に反応して汚れを分解することである。つまり、太陽光があればいつまでもその白さを維持することができるのだ。

スイス漆喰は内装にも使用されている。汚れがつきにくいだけでなく、湿度調整や消臭殺菌効果もある。安心して長く生活できる自然素材なのだ。

必要に応える家、casa carina

casa carinaは住む人がより長くその家に住み続けることができるように作られている商品住宅だ。どういうことかというと、家族生活は進学、就職、結婚などで日々変化していくものである。その変化に対応できるのが、casa carinaである。例えば、子供の成長に合わせて共有スペースを子供部屋に分割することができるのだ。居住者が住みやすい環境を常に実現することができるのが魅力だ。

casa carinaは住む人の目線に立って設計されている。見た目だけでなく、機能の面でも必要に応えられるようになっているのだ。

高断熱・高気密の強み

casa carinaは家としてもその性能が優れている。それは高い断熱性と気密性だ。高断熱・高気密のおかげで南欧風のデザインでありながら、日本の気候にも十分に対応できるのだ。窓枠の断熱性が優れているので、結露やカビの発生を抑制できる。掃除の手間を省くことができるし、住む人の健康にも配慮している。また、高気密の玄関ドアのおかげで外気が建物の中に入りにくいのと同時に、建物内の室温も外へ逃げにくいのである。スイス漆喰は遮熱性にも優れているというのもありがたい。

温かみを感じるのは外見だけではない、内装に関してもウッドテイストを多用しているので室内にいても温もりを感じる。どれをとっても自然素材を多用しているで子供にも安心だ。

外見だけでなく機能的にも魅力的なcasa carina

casa carina(カーサ・カリーナ)の大きな特徴はその外観だ。南欧風のデザインはとても温かみがあり魅力的だ。建物内に関しても同様で子どもだけでなく大人でも心地よさを感じることだろう。しかし、デザインが優れているだけではないのだ。家としての機能も大変優れているし、居住者が長く快適に過ごせるような配慮が随所にみられる。デザイン、と機能を両方備えたcasa carina(カーサ・カリーナ)である。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました