carina

「casa carina(カーサ・カリーナ)」で味わえる南欧風住宅の快適な暮らし。

「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、 南欧風住宅を彷彿とさせる、素朴な外観が特徴的な家だ。その白く美しい壁は、フランスのプロヴァンス地方の素朴な雰囲気を連想させる。その魅力は、単にデザイン性が優れているだけではない。機能性が豊かで住みやすいことも、人気がある理由だ。「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、コンセプトとして「かわいく、賢い。やさしく強い。」をモットーに、暮らしやすさを追求した住宅である。

ナチュラルな魅力のcasa carina

南欧風住宅であるcasa carinaの魅力は、そのナチュラルさだ。強い日差しと乾燥しやすい気候が特徴的な南欧の住宅は、断熱性に優れた白い塗り壁や瓦を使用している。そのため、猛暑でも快適に過ごすことが出来るのだ。casa carinaのこだわりは、100%天然素材で造られた漆喰の壁にも現れている。採用されているスイス漆喰は、太陽の日差しを浴びると、紫外線により汚れは分散され、いつまでも純白な美しさを保つことが出来るのだ。漆喰は、周囲の嫌な臭いを分解したり、ウイルスを殺菌することが出来るのだ。多くの人がカーサ・カリーナに魅力を感じるのは、南欧住宅の性能の高さを取り入れているためだ。

デザインと機能性に優れたcasa carina の建具

casa carinaは、南欧住宅で多く使われる建具を採用している。優しい色合いの自然素材の建具は、ナチュラルテイストの優しい風合いだけではなく、断熱性や気密性といった性能に優れているのだ。夏の暑さや冬の寒さから家族を守り、1年を通して快適に過ごすことが出来る。漆喰や無垢材、更にテラコッタといった自然素材は、年月が経てば経つほどその色は濃くなり、味わい深くなっていくのだ。カーサ・カリーナは、素材の変化を楽しむことが出来る住宅だ。

暮らしやすいcasa carina

casa carina最大の魅力は、その暮らしやすさだ。耐火性や防犯性に優れた天然木を使用した玄関ドアは、素材の風合いを肌で感じることが出来る。そして、大きめの窓は、高気密と高断熱の樹脂サッシとペアグラスを採用しているため、寒い冬も外の冷気から守ってくれる。そして、常に家族とコミュニケーションをとることが出来るように工夫された間取りなど、住む人のことを第一に考えた住宅だ。カーサ・カリーナは、おしゃれで可愛い外観と南欧の性能を併せ持つ、まさにハイスペックな住宅と言っていいだろう。

casa carina(カーサ・カリーナ)で憧れの南欧風住宅

南欧の家のイメージである白い壁や、自然素材で造られた建具に憧れを抱いていたという人もいるだろう。大きな窓から太陽の光をふんだんに取り込み、優しい風を室内に運んでくれる間取り。国内にいながら、南フランスなどの雰囲気を感じることが出来る「casa carina(カーサ・カリーナ)」の家は、まさに人々の憧れを形にした住宅だ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました