housebuilding

新築で夢のマイホームを建てるために必要となる頭金ってどのくらい!?

新築でマイホームを建てるのは、人生において重要なイベントだ。生涯住むことになるかもしれない住宅を購入する際には、自分自身に無理のないマネープランを立てる必要がある。ランクの高い住宅に住みたいと考えている、あるいは後々ローンの返済に困りたくないと思っているなら、マイホームを購入する前に用意しておきたいのが頭金だ。

そもそも頭金とは?

頭金とは、マイホームを購入する際に必要な費用のことで、住宅の価格から住宅ローンの借り入れ額を差し引いた金額のことである。例えば住宅の価格が5,000万円で、そのうち4,500万円を住宅ローンとして借り入れた場合は500万円が頭金となる。基本的に頭金は現金で用意しておく必要があり、マイホームを購入するために用意していた貯金や、親からの援助で支払うことが多いようだ。

住宅ローン借入額+頭金で購入できる住宅が決まる

マイホームを購入する際には住宅ローンを組むのが一般的であり、その住宅ローンを組む際にも頭金の額が重要となってくる。それは住宅の購入を検討している段階で用意できている頭金の額と、現在の年収や職業などを審査した結果借り入れることができる額を足した金額が購入できる住宅の価格の目安となるからだ。自分が購入できる住宅よりもランクの高い住宅を購入したいと考えているのであれば、頭金も相当額用意しておく必要がある。

頭金があることのメリットとは?

頭金を用意しておくことのメリットは、やはり住宅ローンの組みやすさにある。ローン契約をする際にある程度まとまった額の頭金があると信頼を得やすく、ローンの審査に通りやすいからだ。また、頭金があれば借入額も少なくて済むので月々の返済額や金利などを含んだ住宅購入費の合計額を少なく抑えられる。銀行や住宅ローン会社によっては頭金ゼロでもローン契約を結ぶことができたり、低金利を売りにしていることもありるが、良い住宅に住みたいと考えているなら頭金は用意しておいたほうが無難だろう。

用意するべき頭金の額はどのくらい?

用意しておくべき頭金の額の相場は購入する住宅によって異なるが、購入金額のおよそ20〜40%といわれている。一方で実際に住宅を購入した人が用意していた頭金の平均額は購入金額の10〜20%と、少し低めの水準となっている。3,000万円の住宅を購入する場合には最低でも300万円以上頭金を用意しておくことが、大切だといえるだろう。

頭金は用意しておくのが良い

夢のマイホームを手に入れるために日々貯金に励んでいる人も多いだろう。これを機会に用意しておくべき頭金と今の貯金額を見比べてみて、一体自分はあとどのくらいの額を貯めれば理想の住宅を購入できるか、と考えてみるのも良いのではないだろうか。自身の将来を想像し、人生プランをよく考え無理のない範囲で住める住宅を探すのも手段の1つといえるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。